読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽メモランダム

洋楽、映画、海外ドラマ、書籍、デジタル関連グッズのレビュー : Review about music, movie, drama, books, Digital devices.

スポンサーリンク


『ホビット 思いがけない冒険』のセリフにトールキンの熱い想いを感じた!(The Hobbit unexpected journey) 

2012年公開のトールキン3部作シリーズ、第一弾。 約10年前に同じくトールキン原作の「ロード・オブ・ザ・リング」が公開されて世界中の話題をさらったが、今作はその旅物語のさらに前のお話を映画化している。 映画好き、とくに洋画好きなら、知らない人はい…

『アリスのままで』を見て思い出したこと("Still Alice" reminds me of grandma's memory)

予告編で見て以来、これは見ないといけないなと思っていた映画だった。 若年性アルツハイマー病にかかってしまった言語学者の物語。 幸い身近にこの病気にかかっている人はいないのだけど、いつ誰がなるのか分からないものだし、自分がそうなってしまうのも…

ユアン・マクレガーの「ブラス!!」は社会派作品だった!/Ewan McGregor's Brassed off!!

見ようと思っていたが、なかなか見れなかった映画の一つ。 レビュー等での前評判も高く、ブラスバンドの映画そのものがありそうでないことも手伝って、かなり期待して見た。ちょうどスターウォーズにハマってた時なので、オビワン役のユアン・マクレガーが出…

「崖の上のポニョ」を見て感動した!(Ponyo on the cliff by the sea)

「ポ~ニョ、ポ~ニョ、ポニョ、さかなのこ~」 のポニョを見に行ってきました!少し前に見に行った「インディジョーンズ クリスタルスカル」の上映前の予告でやっていた、この映画のポニョの見た目の愛くるしさと「生まれきてよかった」 というキャッチフレ…

「ミス・ポター」を見て心穏やかになりました (Miss Potter)

久しぶりに映画の感想を書いてみようと思った作品『ミス・ポター』です。 サスペンスやアクションの作品が多い中、こういう優しくて素直な映画はいいですねー。 昨日放送分のNHKテレビ「鶴瓶の家族に乾杯」に出てきた、島根県出雲市の小学校の子供たちの歌の…

ロッキーの熱い言葉に胸を打つ!最終作『ロッキー・ザ・ファイナル』(Rocky Balboa)

ロッキーシリーズの最終話。 引退したはずのスタローンが再びリングに上がるお話だ。 思えば、この作品が公開されてもう30年。小学生の頃の僕は水野晴男氏、淀川長治氏らが解説する映画番組で1、2、3を、4のドラゴ編は、中学2年の時にレンタルビデオを借…

静かに深く感動した「狩人と犬、最後の旅」(The Last Trapper)

『狩人と犬、最後の旅』を見に行った。 本当はパイレーツ・オブ・カリビアンを見に行く予定だったのだが、席が空いておらず、それじゃあ、ということで、別の映画を見に行くことになったのだ。以前、タレントのおすぎがこの映画を褒めていたことを思い出し、…

胸キュンな気分になった「サーティン・ラブ・サーティ」(13 Going on 30)

エイリアスで有名なジェニファー・ガーナーの2004年作品。 ストーリーは「ビッグ」の女の子版です。1987年のトム・ハンクス主演の映画「ビッグ」も、ある日、子供が大人に変身し、そこで出会う人々や恋模様など、戻ってこない子供のころの思い出を不…

セブン・イヤーズ・イン・チベットを見て(Brad Pitt's "Seven years in Tibet")

オーストリアの登山家に扮したブラッド・ピットが、様々な苦難を乗り越えてチベットに行き着き、そこで出会ったチベット宗教の教主ダライ・ラマ14世(まだ子供)と友情を育む物語。 感想を述べようと思いましたが、ただ簡単なあらすじを書いて自分の感想を…

衝撃のラストにたまげた!『ミリオンダラーベイビー』(Million Dollar Baby)

クリント・イーストウッド監督・主演作品。 はっきりいってですね・・・ 感動しました 少し泣きました というかこの映画が始まる前の予告「HINOKIO」を見てすでに半泣き状態でしたから(笑)。 女性版ロッキー 上映時間が結構長いこの映画、大きく分けて前半…