洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


1980年代 ポップス(POPS)

元ブロスのクレイグ・ローガンは音楽業界で成功していた!(Craig logan)

再結成を果たして来年夏にコンサートを開くことを発表したブロス。 ブロスの再結成公演、最速記録7秒でソールドアウト | BROS | BARKS音楽ニュース もう一人のメンバーだったクレイグ・ローガンの去就が噂されていたが、どうやら再結成活動には全く興味がな…

80年代後半の超美形コンビ「ブロス」が24年ぶりに再結成するという!(Bros reunites)

80年代後半に洋楽チャートを賑わした超イケメン双子のコンビ、ブロスが再結成公演を2017年の8月に行うという! 1980年代後半に人気を博した英国のボーイズ・グループ、ブロスが、再結成し2017年8月にロンドンのO2アリーナで公演を開くことを発表したが、2万…

MTVのヘビロテだったスティーヴ・ウィンウッド 『ハイヤー・ラブ』("Higher love" Steve Winwood)

この前一服しようとスタバに寄ったら、たまたまBGMにこの曲がかかっていて、「おおっ!なつかしいな!」と思わずヘビー震いしてしまった。(ヘビロテとは”ヘビーローテーション”のことです) スティーヴ・ウィンウッド の「ハイヤーラブ」といえば、記事…

スウィング・アウト・シスターもクラウド・ファンディングでアルバムを作っていた!!(Swing out sister)

1986年に「ブレイクアウト」で世界的ヒットを放ったスウィング・アウト・シスター。 この歌はMTVを始めとして、様々なメディアでBGMで流れたりして、本当に耳にタコができるくらいに聞いた曲です。 今回はそんな彼女らについてレビューしていきましょう。 爽…

80's洋楽好きなら誰でも知ってる?リック・アストリーの「トゥギャザー・フォーエバー」(Rick Astley/Together forever) 

イギリス生まれのソウルフルボーカリスト、リック・アストリーは80年代洋楽を華々しく飾った出来物シンガーの一人で、80年代後半は本当にこの人の曲がテレビとかでよく流れてました。 耳に馴染むメロディーに歌って踊れるノリのいいサウンド! 当時はやっ…

80年代後半の超イケメンコンビ「ブロス」が贈る「アイ・オウ・ユー・ナッシング」(I owe you nothing-Bros)

80年代UKチャートを沸かせた噂のイケメン双子ユニットがブロス。 1987年にデビューし、92年まで活動していました。 日本でも非常に人気があって、双子の超イケメン歌手で曲も歌も上手とくれば、これは女の子がキャーキャーいわないわけがない! 実際に両国…

リチャード・マークス「サティスファイド」と美しき妻シンシア・ローズとその後(Richard Marx and Cynthia Rhodes)

セカンドアルバム「リピート・オフェンダー」からの全米ナンバーワンヒットソング。 (後半に大韓航空機の一件を追記で取り上げています:2016年12月22日) デビューシングル「ドント・ミーン・ナッシング」で、スターダムに躍り出たマークスでしたが、その…

エルヴィス・コステロの「ヴェロニカ」と来日情報!(Elvis costello's veronica and Japan tuor info!)

1989年リリースの「spike」からのシングルカット。 アルバムは全英5位、全米32位をマーク、シングル「ヴェロニカ」は全米チャート19位を獲得しました。 ミュージックビデオがMTVミュージックアワードの最優秀男性アーティスト賞を受賞したことでも…

G.I.オレンジが完全復活!ついに日本ツアーが決定!(G.I.orange's Japan tour) 

G.I.オレンジといえば、80年代中盤の洋楽シーンを代表するポップバンド。 イギリスで結成された4人組のイケメンバンドは「サイキック・マジック」等のヒットソングを飛ばして、主に日本で人気が火が付いた。 しかし90年に活動を休止。 メンバーそれぞれのソ…

マハラジャといえばマイケル・フォーチュナティ「ギブ・ミー・アップ」(Michael Fortunati)

1986年にベルギーでデビューし、同国とフランスでヒットした懐かしのイタリア人アーティスト。 日本でもバブル時代に絶好調だったディスコでかかりにかかっていたらしい。(当時私は中学生だったので知りませんでした) この人の情報を調べようと英語版のウ…

今なお美しいゴーゴーズのボーカル、べリンダ・カーライルの「ヘブン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」(Belinda Carlisle)

87年に発表の「Heaven on Earth」からのシングルカット「Heaven Is A Place On Earth」がビルボード1位を獲得、世界中で大ヒットとなる彼女の代表曲となった。 Heaven Is a Place On Earth ベリンダ・カーライル ポップ ¥250 provided courtesy of iTunes べ…

リチャード・マークスの赤裸々な告白とライト・ヒア・ウェイティング(Richard Marx-Right here waitting) 

1989年発表のセカンドアルバム「リピート・オフェンダー」(Repeat Offender)からのシングルカット。アルバム、シングル共に全米チャートのナンバーワンヒットとなった、マークスを代表する楽曲の一つである。 youtu.be 80年代洋楽ファンなら絶対には…

日本のCMでもお馴染みのキュリオシティ・キルド・ザ・キャット「ミスフィット」とその後(Curiosity killed the cat)

1986年にヒットシングル「ミスフィット」で世界的に有名になった白人ファンキーグループ。 日本語読みで「好奇心は猫をも殺す」。 これ、諺にもありますね。 「余計なことに首を突っ込むと痛い目にあう」 的な意味で。 バンドの顔であるボーカルの名前が…

ヒューバート・カーのその後とバラード名曲「スザンヌ」(Suzanne / Hubert Kah)

今まで何度かヒューバート・カーを取り上げてきましたが、いまあの人たちって、何してるの?と疑問の声が自分の内外で沸き起こっているので、それじゃあと調べてみることにしました。 ヒューバート・カーの歴史 追記 おすすめ記事 ヒューバート・カーの歴史 …

80's洋楽ヒットチャートを代表する歌姫!カイリー・ミノーグのロコモーション(The Loco-Motion / Kylie Minogue )

リトル・エヴァ(Little Eva)のカヴァー曲「ロコ・モーション」でデビューした。 カイリーのカヴァー曲は、ビルボード誌の週間チャートにおいて1988年11月12日付で最高位の第3位まで上昇した。1988年年間チャートでは第51位。 ビルボード誌の集計では、この…

ホイットニー・ヒューストンよ・・永遠に・・・(Whitney Houston)

ホイットニー・ヒューストンといえば、80年代洋楽ポップスを愛してやまない人たちにとって、まさにあの時代を象徴するかのような明るく軽やかな歌姫のイメージがある。 僕が彼女を知ったのは、1987年の「ダンス・ウィズ・サムバディ」からだった。 Whitn…

ミック・ハックネル が葉加瀬太郎に見えて仕方ない!シンプリー・レッドの【イフ・ユー・ドント・ミー・バイ・ナウ】(Simply Red)

1989年「ニューフレイム」からの大ヒッシングルカット。 ボーカルのミックのソロ・プロジェクトという呼び名が高かったシンプリー・レッドだが、実際にメンバーチェンジを幾度も繰り返し、解散する2010年には、バンドで残っているオリジナルメンバーはボーカ…

「フェイス」で一世風靡した ジョージ・マイケルの懐かしき姿! ( Faith / George michael )

1987年発表のファーストアルバム「フェイス」からの同名シングルカット。 ワム!解散後にソロ活動を始めたジョージ・マイケルのソロ第一弾であるこのアルバムは、英米チャートで1,2位の大成功を収めた。 80年代後半といえばすっかり洋楽小僧だった僕は当…

デビー・ギブソンの「シェイク・ユア・ラブ」にハマったあの頃・・ (Shake your love / Debbie Gibson)

デビューアルバム「アウト・オブ・ザ・ブルー」からの1987年シングルカット。思えばこの頃は80年代洋楽ポップス黄金期だった・・・ いやポップだけではない、ロックもそう。 ボンジョビやデフレパードとかのモンスターバンドが活躍してた懐かしき時代。 中学…

ガールズポップの元祖!デビー・ギブソン「ロスト・イン・ユア・アイズ」 (Lost in your eyes / Debbie Gibson)

80年代アメリカンポップ・リスニング史上の大本命登場! そう、私が唯一ファンクラブに入り、さらには情報交換のペンパルまで募集した唯一のアーティスト、デビーギブソンさんであります!!! デビーギブソンとの出会い そして再会 デビー・ギブソンのバイ…

タイム・アフター・タイムなシンディ・ローパーの奏でる摩訶不思議なハーモニー(Time After Time / Cyndi Lauper )

シンディー・ローパーといえばこの曲。 タイムアフタータイムは僕が小学生の頃に同級生のY元くんが貸してくれた、シンディのアルバムをダビングしたカセットテープに入っていたのだ。 最初聞いたときは「なんじゃ、この暗い曲は」くらいの感想で、ほかの収…

偉大なるアーティスト、デビッド・ボウイの「ブルー・ジーン」 (Blue Jean / David Bowie)

84年発表のアルバム「tonight」からの先行シングル。 リリース早々に大ヒットとなったこの曲は、日本のCMにも使われた。(多分ノエビアだと思う) 僕自身がこの曲を始めて聞いたというか、見たのは、例のpopベティハウスでのミュージックビデオが初見だっ…

美形は相変わらずのヒューマン・リーグ「ドンチューウォンミー」(The Human League)

おなじみポップベティハウスで見たミュージックビデオ。 この頃はやってたユーロなんちゃらという音楽の一種でしょうか、とにかくゆったりとしつつダンサブル、それでいてお洒落な雰囲気の曲とバンドです。 ユーリーズミックスの複数版というべきでしょうか…

中性的な魅力のアニー・レノックスが歌う「ミッショナリーマン:ユーリズミックス」(Eurythmics)

1986年発表のサードアルバム「Revenge」からのシングルカットである本曲、。 映像的には、スィート・ドリームズのほうが断然ユーリーズミクスそのものを象徴しているとは思うのですが。 yougaku-youga.hateblo.jp 今でも頭に浮かび、時折トイレでも口ずさん…

ユーリズミックスの「スウィート・ドリームス」な摩訶不思議サウンド(Sweet Dreams/Eurythmics)

関西限定洋楽番組popベティハウスで見たミュージックビデオだ。 最初の印象は「なんだか怖い」だった。 なぜ怖かったのか? それは決してお化けを見たときに感じる類の怖さではない。 なにかこう、完璧な美を目前にしたというか、神々しいものをみたときに感…

パンチ力抜群のマドンナ89年の大ヒット曲!エクスプレス・ユアセルフ!(Express Yourself / Madonna)

1989年のヒットアルバム「ライク・ア・プレーヤー」からのシングルカット。 全米2位までのぼった。映画「エイリアン3」や「セブン」有名な映画監督デヴィッド・フィンチャーによるミュージックビデオが有名である。マドンナの楽曲の中でも最もパワフルな部…

マリリン・モンローに扮した(?)マドンナの「マテリアル・ガール」!(Material girl/ Madonna)

マドンナのセカンドアルバム「ライク・ア・ヴァージン」からのシングルカット。 「ライク・ア・ヴァージン」は1984年に発表された第2作目のオリジナルアルバムで、世界各国のヒットチャートで一位をとった。 最近どうもこの歌が頭の中で仕方ないので、アップ…

愛情に満ち溢れたマドンナ屈指の名曲!「チェリッシュ」(Cherish-Madonna)

2010年には総売り上げ3億枚を突破したポップス界の女王、マドンナの4作目のアルバム「like a prayer」から。 ビルボードチャートで37位初登場以降、徐々にランクを上げ、1989年10月には2位まで上った。 like a prayerなど宗教が絡んだ重いテーマのシングル…

「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」を歌うリマールが実は・・・(Never ending stroy / Limahl)

前々回のコメントで、リマールへの失われた熱い思いを切々と語られた方がおられたので、まずはその方へのオマージュから。 なんだか微妙に単語の使い方を間違えているような気がしますが(オマージュ)、基本的に感覚で文章を書いてるので、軽く聞き流してエ…

デビー・ギブソンと人気を二分した歌姫ティファニー!「アイ・ティンク・ウイー・アーロン・ナウ」 (I think we're alone now by Tiffany)

レバノン人の父とシリアとアメリカンインディアンのチェロキー族の系統の母を持つ、どことなくエキゾチックな風貌のアメリカンアイドル。 同時期にデビューしたデビーギブソンと人気を二分し、どちらがタイプかによって恋愛嗜好や異性趣味、さらには将来の結…