読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽メモランダム

洋楽メインの音楽レビュー、映画の感想、電子書籍、デジタル関連グッズの情報を取り上げていきます。 Review about music, movie, drama, books, Digital devices!

スポンサーリンク


懐かしいKC&ザ・サンシャイン・バンドは映画「キングスマン」で知りました(KC and the sunshine band)

コリン・ファース主演の映画「キングスマン」の挿入歌で知った、80年代のディスコチューン。(なつかしい響きだ!) なかなかハッピーな曲だけど、これが映画では人々が暴力を振るいあうシーンで使われていて、そういうバイオレンスな描写と、この曲の能天気…

ブルースの女王ジャニス・ジョプリンの名曲「ジャニスの祈り」に魂を震わす!(Janis Joplin) 

ジャニスの死後に製作されたアルバム「パール」(1971年)に収録された一曲。 この「Move over」は、ジャニス自身による作詞作曲された作品で、 「あっちにいってよ、このバカ男!」 という大意になっている。 「別れるって言ったくせに、なんで私の周りをう…

アメリカの国民的歌手リンダ・ロンシュタットの元恋人は・・・(It's so easy/Linda Ronstadt)

1977年発表のアルバム「Simple Dreams」からのシングルカット。 先日、友人とファミリーレストランで食事をしていたときに、この曲が有線放送で流れていたことが今日の記事チョイスのきっかけとなりました。 全般的に明るいカントリーフォークロック調のナン…

ラ・メール/ フリオ・イグレシアス (La Mer/Julio Iglesias)

ジョン・ル・カレ原作、ゲイリー・オールドマン主演の「裏切りのサーカス」(原題:TINKER TAILOR SOLDIER SPY)からのエンディング・ソング。 元英国諜報部員でもあったル・カレのスパイ小説をもとにした作品なのだが、実に重厚で静かな味わいがあった。 yo…

オデッセイの挿入歌「スターマン」は映画にハマりすぎてる!(”Starman” soundtrack for the martian)

前回記事で取り上げた映画レビュー「オデッセイ」の中で使われた「スターマン」です。 この曲は今年の1月に亡くなったデビッド・ボウイが1972年に発表したアルバム「ジギー・スターダスト」のシングルソングで、宇宙からやってきたスターマンが、ラジオを聴…

誰かを殺してしまった?!クィーンのボヘミアン・ラプソディーでボヘミアンな歌詞!/Bohemian Rhapsody / Queen

1975年発表のクィーンの代表曲。 この曲のために作られたPVは当時としては画期的で、鏡を3分割にしてメンバーを映し出すカットなど、斬新な映像表現が随所に散りばめられたことで話題となった。 これらの映像表現は熟考されて作られたものではなく、撮影現…

70年代ディスコでお馴染み!ワイルド・チェリーのプレイ・ザット・ファンキー・ミュージック!/Wild Cherry

1976年に大ヒットした、ワイルドチェリーの代表曲。 70年代初頭に結成されたワイルド・チェリーは、白人ソウル・ファンクバンドとして、数枚のアルバムを世に送り出した。 中でもこの「プレイザットファンキーミュージック」は、彼らの代名詞ともなった大ヒ…

グランド・ファンク・レイルロードは真正アメリカンロックバンド!- Grand Funk Railroad

1973年発表の「 アメリカン・バンド (We're an American Band」からシングルカットされ、大ヒットとなった超有名チューン。 典型的なアメリカンスタイルロックで、後にボンンジョビがカバーするなど、ロックバンドの代名詞ともいえる曲となった。 私がこの曲…

スライの突き抜けた表情にある種の狂気を感じる「フリスキー」(Sly and the family stone)

スライ&ザ・ファミリー・ストーンの1973年のアルバム「フレッシュ」からの一曲。 僕がこのアルバムを初めて知ったのは、知人が持っていた一枚のアルバムからだった。 この知人は親しくしていたファンクバンドのドラマーに教えられて、このアルバムを知ったの…

永遠にカリスマヒーロー!ブルース・リーの「燃えよドラゴン- テーマソング」 (Enter the dragon theme song)

伝説のカンフースター、ブルース・リーの名を世界に知らしめた名作「燃えよドラゴン」のテーマソングだ。 劇中のブルースの雄叫びから入るこの曲は、緊張感溢れるオーケストラの壮大な演奏とあいまって、実際に映画を見ているかのようなリアル感を一聴して感…

”レッド・ツェッペリン”とはイギリスが生んだロックの合言葉!「ブラック・ドッグ」(Black Dog / Led Zeppelin)

1971年リリースの「レッド・ツェッペリンIV」から。 自分が洋楽的に物心ついたときには、すでにバンドは解散しており、しかも彼らをきちんと聞いたのは結構近年のことだった(2000年前後)。 「ロックの覇王」とまで謳われたツェペリンを新世紀まで知らなか…

元祖ロックの女王! スージー・クアトロのワイルド・ワン!(Suzi Quatro)

ワイルドワンを体現する70年代最強のロック・クィーン、スージー・クアトロの1974年発表のヒットシングルです。 とにかく格好いい!の一言に尽きますね。 歌はもちろんのことだけど、見た目というかルックスがクールすぎです。 ベース片手に革ジャンであの…

バグルズの「ラジオスターの悲劇」は、MTVの記念すべき第一号ビデオだった! (The Buggles )

バングルズではありません。 バグルズです。 ずいぶん昔にテレビの洋楽番組で見たビデオです。 洋楽番組の名前は、このブログでもおなじみのPOPベティハウス。 それはどうでもよいのですが、この歌とビデオの妙ちくりんな印象は、その後もずっと僕の記憶…