読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽メモランダム

洋楽メインの音楽レビュー、映画の感想、電子書籍、デジタル関連グッズの情報を取り上げていきます。 Review about music, movie, drama, books, Digital devices!

スポンサーリンク


80年代洋画サウンドトラックの代表格!ケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン」&歌詞和訳(Kenny Loggins-Danger Zone)

80年代はまさにハリウッド映画が世界の若者文化をけん引した時代で、当時を十代前半で過ごした自分はその渦の真っ只中にいて、毎日を洋楽または洋画にまみれて「アーハー?」とか「ンーフー?」とか言って生活していたといっても過言ではない。 洋画といえば…

デンマーク製HRバンド『D-A-D』の恐るべき由来(Sleeping My Day Away by D-A-D)

懐かしのデンマークバンド、D-A-Dのご登場です。 1989年に洋楽番組でビデオクリップを見て以来の再会。 というのも、彼らの最大のヒットである「Sleeping My Day Away」がけっこう長い間、耳を離れずにいて、今でも時々ふと頭の中で流れ出すものだから、…

懐かしの爽やかバンド!クラウデッド・ハウス『サムシング・ソー・ストロング』(Crowded House)

MTV全盛時代の洋楽チャート番組でお気に入りの一つだったバンドの一つ。 初めて彼らの「Something so strong」のビデオクリップを見た時、その曲調と映像風景に、 「なんて爽やかなバンドなんだ!!」 と、しばらく見入ってしまったくらいに、その カント…

スード・エコーの「ファンキー・タウン」は今でもノレる!(Funky Town-Pseudo Echo)

1986年にリリースされ、87年にかけてカナダとニュージーランドのチャートで一位、アメリカで6位、英国で8位にまで上ったナンバー。 1982年にオーストラリアのメルボルンで結成されたスード・エコーがメジャーデビューを果たしたきっかけは、音楽番組の司会者…

洋楽といえばTOTO!懐かしのナンバー「ホリアンナ」から最新アルバム「聖剣の絆」まで!(Holyanna~TOTO XIV) 

TOTOといえば、80年代を代表する洋楽バンドの雄である。 決してトイレ会社のことでないので勘違いは禁物だ。 「ロザンナ」や「アフリカ」をヒットさせた80年代前半の彼らの活躍ははんぱなく、卓越した技術とキャッチーでメロディアスな楽曲で世界中にフ…

MTVのヘビロテだったスティーヴ・ウィンウッド 『ハイヤー・ラブ』/"Higher love" Steve Winwood)

この前一服しようとスタバに寄ったら、たまたまBGMにこの曲がかかっていて、「おおっ!なつかしいな!」と思わずヘビー震いしてしまった。(ヘビロテとは”ヘビーローテーション”のことです) スティーヴ・ウィンウッド の「ハイヤーラブ」といえば、記事…

ド迫力なメイクに目が釘付け!トゥイステッド・シスターの「We're Not Gonna Take it 」!(Twisted Sister)

1984年リリースのサードアルバム「Stay Hungry」からのシングルカット。 洋楽番組でこのバンドのこの曲のミュージックビデオをみたとき、 「怪物だーーっ!」 と思わずブラウン管から飛びずさってしまったくらい、ド迫力なメイクに心慄かせてしまった10代初…

スウィング・アウト・シスターもクラウド・ファンディングでアルバムを作っていた!!(Swing out sister)

1986年に「ブレイクアウト」で世界的ヒットを放ったスウィング・アウト・シスター。 この歌はMTVを始めとして、様々なメディアでBGMで流れたりして、本当に耳にタコができるくらいに聞いた曲ですね。 聞いてると清々しい気分になれるというか、爽やかな風が…

マイケル・ハッチェンスが悪魔のように囁く・・・「デビル・インサイド」/ Devil inside-Inxs 

1988年リリース「kick」からのシングルカット。 バンド史上最もアメリカのチャートで成功した曲だ。 ビルボードホットチャートで2週連続の2位を記録した。 youtu.be このアルバム「キックス」からは結構いい曲がシングルカットされていて、「ニュー・センセ…

80's洋楽好きなら誰でも知ってる?リック・アストリーの「トゥギャザー・フォーエバー」(Rick Astley/Together forever) 

イギリス生まれのソウルフルボーカリスト、リック・アストリーは80年代洋楽を華々しく飾った出来物シンガーの一人で、80年代後半は本当にこの人の曲がテレビとかでよく流れてました。 耳に馴染むメロディーに歌って踊れるノリのいいサウンド! 当時はやっ…

80年代後半の超イケメンコンビ「ブロス」が贈る「アイ・オウ・ユー・ナッシング」(I owe you nothing-Bros)

80年代UKチャートを沸かせた噂のイケメン双子ユニットがブロス。 1987年にデビューし、92年まで活動していてました。 日本でも非常に人気があって、双子の超イケメン歌手で曲も歌も上手とくれば、これは女の子がキャーキャーいわないわけない!実際に両国…

パーティーロックはまだまだ健在だ!ポイズン「アンスキニーバップ」!(Unskinny Bop by Poison)

パーティバンドとして有名なHRバンド「ポイズン」の3thアルバム「フレッシュ&ブラッド」からのシングルカットで、 このアルバムの中で一番好きな曲。 Unskinny Bop ポイズン ロック ¥250 provided courtesy of iTunes ポイズンについては以前にもこのブ…

リチャード・マークス「サティスファイド」と美しき妻シンシア・ローズとその後(Richard Marx and Cynthia Rhodes)

セカンドアルバム「リピート・オフェンダー」からの全米ナンバーワンヒットソング。 (後半に大韓航空機の一件を追記で取り上げています:2016年12月22日) デビューシングル「ドント・ミーン・ナッシング」で、スターダムに躍り出たマークスでしたが、その…

エルヴィス・コステロの「ヴェロニカ」と来日情報!(Elvis costello's veronica and Japan tuor info!)

1989年リリースの「spike」からのシングルカット。 アルバムは全英5位、全米32位をマーク、シングル「ヴェロニカ」は全米チャート19位を獲得しました。 ミュージックビデオがMTVミュージックアワードの最優秀男性アーティスト賞を受賞したことでも…

マハラジャといえばマイケル・フォーチュナティ「ギブ・ミー・アップ」(Michael Fortunati)

1986年にベルギーでデビューし、同国とフランスでヒットした懐かしのイタリア人アーティスト。 日本でもバブル時代に絶好調だったディスコでかかりにかかっていたらしい。(当時私は中学生だったので知りませんでした) この人の情報を調べようと英語版のウ…

今なお美しいゴーゴーズのボーカル、べリンダ・カーライルの「ヘブン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」(Belinda Carlisle)

87年に発表の「Heaven on Earth」からのシングルカット「Heaven Is A Place On Earth」がビルボード1位を獲得、世界中で大ヒットとなる彼女の代表曲となった。 Heaven Is a Place On Earth ベリンダ・カーライル ポップ ¥250 provided courtesy of iTunes べ…

リチャード・マークスの赤裸々な告白とライト・ヒア・ウェイティング/(Richard Marx-Right here waitting) 

1989年発表のセカンドアルバム「リピート・オフェンダー」(Repeat Offender)からのシングルカット。アルバム、シングル共に全米チャートのナンバーワンヒットとなった、マークスを代表する楽曲の一つである。 youtu.be 80年代洋楽ファンなら絶対には…

シャーリー・ホーンの艶やかな歌声に酔いしれて・・「ヒアーズ・トゥ・ライフ」/(Here's to Life-Shirley Horn)

1934年にワシントンD.Cで生まれたシャーリー・ホーンは、乳がんと糖尿病が元で2005年10月20日に世を去るまで、ジャズシンガーそしてピアニストとして活躍した。 マイルス・デイビスやディジー・ギレスピーらの著名なミュージシャンと共演したホーンは、その…

世界を熱狂させたヒットチャートの常連バンド!インエクセス! (Mediate, What You Need / INXS)

1987年に世界的大ヒットを飛ばした「KICKS」からのシングルカット。 インエクセスはキレのある音楽で全世界を熱狂させましたが、斬新なビデオ映像も同時に当時の最先端を驀進しておりました。 そうちの一つである「ミディエイト」は、今日この記事を書く…

日本のCMでもお馴染みのキュリオシティ・キルド・ザ・キャット「ミスフィット」とその後(Misfit / Curiosity killed the cat and Ben Volpeliere-Pierrot!)

1986年にヒットシングル「ミスフィット」で世界的に有名になった白人ファンキーグループ。 日本語読みで「好奇心は猫をも殺す」。 これ、諺にもありますね。 「余計なことに首を突っ込むと痛い目にあう」 的な意味で。 バンドの顔であるボーカルの名前が…

ヒューバート・カーのその後とバラード名曲「スザンヌ」(Suzanne / Hubert Kah)

今まで何度かヒューバート・カーを取り上げてきましたが、いまあの人たちって、何してるの?と疑問の声が自分の内外で沸き起こっているので、それじゃあと調べてみることにしました。 しかし日本語のサイトは簡単なものしか見つからず、かといって母国のドイ…

80's洋楽ヒットチャートを代表する歌姫!カイリー・ミノーグのロコモーション(The Loco-Motion / Kylie Minogue )

リトル・エヴァ(Little Eva)のカヴァー曲「ロコ・モーション」でデビューした。 カイリーのカヴァー曲は、ビルボード誌の週間チャートにおいて1988年11月12日付で最高位の第3位まで上昇した。1988年年間チャートでは第51位。 ビルボード誌の集計では、この…

ホイットニー・ヒューストンよ・・永遠に・・・(Whitney Houston)

ホイットニー・ヒューストンといえば、80年代洋楽ポップスを愛してやまない人たちにとって、まさにあの時代を象徴するかのような明るく軽やかな歌姫のイメージがある。 僕が彼女を知ったのは、1987年の「ダンス・ウィズ・サムバディ」からだった。 Whitn…

白蛇再臨!!ホワイトスネイクのヒア・アイ・ゴー・アゲイン! (Here I go again / Whitesnake)

1987年発表の「ホワイトスネイク」から全米ナンバーワンヒットシングル。 当時MTVが全盛で、僕もマイケル富岡の「MTVトップトウェンティカウンダウン!」を真似して英語の勉強してたっけ。 この番組はMTVの20位くらいをピックアップして流すだったけど…

シンプリー・レッドが葉加瀬太郎に見えて仕方ない「イフ・ユー・ドント・ミー・バイ・ナウ」(Simply Red )

1989年「ニューフレイム」からの大ヒッシングルカット。 ボーカルのミックのソロ・プロジェクトという呼び名が高かったシンプリー・レッドだが、実際にメンバーチェンジを幾度も繰り返し、解散する2010年には、バンドで残っているオリジナルメンバーはボーカ…

「フェイス」で一世風靡した ジョージ・マイケルの懐かしき姿! ( Faith / George michael )

1987年発表のファーストアルバム「フェイス」からの同名シングルカット。 ワム!解散後にソロ活動を始めたジョージ・マイケルのソロ第一弾であるこのアルバムは、英米チャートで1,2位の大成功を収めた。80年代後半といえばすっかり洋楽小僧だった僕は当然…

デビー・ギブソンの「シェイク・ユア・ラブ」にハマったあの頃・・ (Shake your love / Debbie Gibson)

デビューアルバム「アウト・オブ・ザ・ブルー」からの1987年シングルカット。思えばこの頃は80年代洋楽ポップス黄金期だった・・・ いやポップだけではない、ロックもそう。 ボンジョビやデフレパードとかのモンスターバンドが活躍してた懐かしき時代。中学…

グレイト・ホワイトのワンス・ビトゥィン・トゥワイス・シャイは「羹に懲りて膾を吹く」 (Once Bitten, Twice Shy by Great White)

バンド名は「ホオジロザメ」。 曲の意味は、「ああ、またやっちまった・・・もうごりごりだぜ!」 な感じのヒットソング。 このバンドも当時聞いていたアメリカ・ビルボードチャートで知りました。 たしか9位だったでしょうか。 なかなかノリのいい、シャウ…

ガールズポップの元祖!デビー・ギブソン「ロスト・イン・ユア・アイズ」 (Lost in your eyes / Debbie Gibson)

80年代アメリカンポップ・リスニング史上の大本命登場! そう、私が唯一ファンクラブに入り、さらには情報交換のペンパルまで募集した唯一のアーティスト、デビーギブソンさんであります!!! 思えば87年初頭のことでした。 テレビでそのころよく見ていた洋…

超絶技巧派のベーシスト、マーク・キングの腕がしなる! レヴェル42 「ランニング・イン・ザ・ファミリー」(Level 42)

レベル42の1987年のヒット曲、同名アルバムからのシングルカット。 このブログを書くために、昔の思い出の曲を頭の中の引き出しから取り出すのだが、あれですね、いくら書いても書いても次から次と出てきますね。 それだけ80年代のヒットソングは幅広く、…

ウォレント珠玉のバラード!「ヘブン/ ウォレント」 (Heaven / Warrant)

89年発表の1thアルバム「Dirty Rotten Filthy Stinking Rich」からのシングル。 89年か90年に全米2位を獲得した(テキトーですんません)。 この頃はちょうどLAメタルとかハードロックが全盛で、ガンズアンドローゼズとかボンジョビ、デフレパードなどがチ…

80年代洋楽と言えばTOTO!「パメラ」 (Pamela / ToTo)

TOTOの7作目のアルバム「ザ・セブンス・ワン」からのシングルカット。 中学3年のときに”アメリカントップ40”で聞いて「おっ、ええな!」と思った曲でもある。 この頃はもうDJはケーシー・ケーサムではなかったな。 「アメリカントップ40」といえば、毎…

タイム・アフター・タイムなシンディ・ローパーの奏でる摩訶不思議なハーモニー(Time After Time / Cyndi Lauper )

シンディー・ローパーといえばこの曲。 タイムアフタータイムは僕が小学生の頃に同級生のY元くんが貸してくれた、シンディのアルバムをダビングしたカセットテープに入っていたのだ。 最初聞いたときは「なんじゃ、この暗い曲は」くらいの感想で、ほかの収…

偉大なるアーティスト、デビッド・ボウイの「ブルー・ジーン」 (Blue Jean / David Bowie)

84年発表のアルバム「tonight」からの先行シングル。 リリース早々に大ヒットとなったこの曲は、日本のCMにも使われた。(多分ノエビアだと思う) 僕自身がこの曲を始めて聞いたというか、見たのは、例のpopベティハウスでのミュージックビデオが初見だっ…

思い出深いバングルズの名曲「胸いっぱいの愛」 (Eternal Flame / The Bangles)

バングルズの1989年のヒットソング。 全米チャートで一位を獲得した。 以前にこのブログでも紹介した「エジプシャン」とは180度違ったテイストの曲に、彼女らのミュージシャンとしての成長を見て取ることができる・・・といえば普通に偉そうだろうか。 後に…

映画「コブラ」のテーマソング、「アメリカンサンズ」を熱唱! ジョン・キャファティー(John Cafferty & The Beaver Brown Band)

86年公開のシルベスター・スタローン主演映画「コブラ」の挿入歌。 この映画で、主演のスタローンは女優のブリジット・ニールセンと撮影後に結婚。 しかしニールセンの金遣いの荒さやエディ・マーフィーとの浮気に嫌気が差し、結婚後に速攻で離婚したという…

スターシップまたの名をジェファーソン・エアプレインが歌う「セーラ」(Sara / Starship)

NHK-FMでスターシップを初めて聞いた曲。 小学生の時だったっかな? イントロでいきなり気に入ったので、速攻でカセットテープに録音しました。(時代を感じるでしょう?) この「セーラ」は、名前を変えて(ジェファーソン・エアプレーンから)スターシップ…

美形は相変わらずのヒューマン・リーグ「ドンチューウォンミー」(Don't You Want Me / The Human League)

おなじみポップベティハウスで見たミュージックビデオ。 この頃はやってたユーロなんちゃらという音楽の一種でしょうか、とにかくゆったりとしつつダンサブル、それでいてお洒落な雰囲気の曲とバンドです。 ユーリーズミックスの複数版というべきでしょうか…

ロッキーといえばサバイバー!熱い男はこの歌が似合う!「アイ・オブ・ザ・タイガー」(Eye Of The Tiger/ survivor)

ロッキーシリーズで有名な曲。 というかロッキーシリーズ以外で聞いたことが無いというのが正直な感想。 でも良い曲ですよ。 バンド自体も素晴らしい。 これ聞くと無性にトレーニングしたくなります。 わけもなく近くの公園を何周も走ったりして。 意味も無…

中性的な魅力のアニー・レノックスが歌う「ミッショナリーマン」byユーリズミックス(Eurythmics)

1986年発表のサードアルバム「Revenge」からのシングルカットである本曲、。 映像的には、スィート・ドリームズのほうが断然ユーリーズミクスそのものを象徴しているとは思うのですが。 yougaku-youga.hateblo.jp 今でも頭に浮かび、時折トイレでも口ずさん…

ユーリズミックスの「スウィート・ドリームス」な摩訶不思議サウンド(Sweet Dreams/Eurythmics)

関西限定洋楽番組popベティハウスで見たミュージックビデオだ。 最初の印象は「なんだか怖い」だった。 なぜ怖かったのか? それは決してお化けを見たときに感じる類の怖さではない。 なにかこう、完璧な美を目前にしたというか、神々しいものをみたときに感…

パンチ力抜群のマドンナ89年の大ヒット曲!エクスプレス・ユアセルフ!(Express Yourself / Madonna)

1989年のヒットアルバム「ライク・ア・プレーヤー」からのシングルカット。 全米2位までのぼった。映画「エイリアン3」や「セブン」有名な映画監督デヴィッド・フィンチャーによるミュージックビデオが有名である。マドンナの楽曲の中でも最もパワフルな部…

マリリン・モンローに扮した(?)マドンナの「マテリアル・ガール」!(Material girl/ Madonna)

マドンナのセカンドアルバム「ライク・ア・ヴァージン」からのシングルカット。 「ライク・ア・ヴァージン」は1984年に発表された第2作目のオリジナルアルバムで、世界各国のヒットチャートで一位をとった。 最近どうもこの歌が頭の中で仕方ないので、アップ…

愛情に満ち溢れたマドンナ屈指の名曲!「チェリッシュ」/Cherish-Madonna

2010年には総売り上げ3億枚を突破したポップス界の女王、マドンナの4作目のアルバム「like a prayer」から。 ビルボードチャートで37位初登場以降、徐々にランクを上げ、1989年10月には2位まで上った。 like a prayerなど宗教が絡んだ重いテーマのシングル…

80年代のエレポップの雄!デペッシュ・モードの「ストレンジ・ラブ」(Strangelove / Depeche Mode)

87年発表の「Music for the Masses」からのシングルカット。 彼らを知ったのはこの曲よりもう少し前で、確か85年か86年頃だろうか、当時見てた洋楽番組で彼らのミュージックビデオを見てからだった。 タイトルや曲は完全に忘れてしまったが、その番組は欧米…

「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」を歌うリマールが実は・・・(Never ending stroy / Limahl)

前々回のコメントで、リマールへの失われた熱い思いを切々と語られた方がおられたので、まずはその方へのオマージュから。 なんだか微妙に単語の使い方を間違えているような気がしますが(オマージュ)、基本的に感覚で文章を書いてるので、軽く聞き流してエ…

ラップの走りは「ウォーク・ディス・ウェイ 」by ランDMC&エアロスミス(Aerosmith featuring Run-Dmc)

エアロスミスの同名曲をヒップホップの元祖といえるだろう、RUN-DMCがカバーしたラップナンバー。 86年のビルボードチャートで全米4位まで上った。 収録されたアルバムも200万枚以上の売り上げを記録。 当時ちょうど洋楽PV番組にはまっていた中学1年の頃で、…

80年代オネエ系なピート・バーンズ率いるデッド・オア・アライヴ 『ブランド・ニュー・ラヴァー』(Dead or Alive & Pete Burns)

86年発表のピート・バーンズ率いるデッド・オア・アライブの同名アルバムからのシングル。 当時聞いてたAMラジオの洋楽番組で知った曲だ。 ユーロビートな非常にダンシブルな曲で、一度聞くと忘れられないリズムを刻んでいる。 後にビデオクリップで見ると…

世界で最も稼いでいるバンド!U2の「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー 」(with or without you by U2)

多くを語る必要がない超大物バンドの一つ。アメリカ空軍の高高度スパイ偵察機の名前を取ったバンドは、これまで数々のグラミー賞を手にし、また政治的な発言でも世界の注目を浴びてきた。(その他の驚くべき軌跡を下に列記してみた) アルバムの総売り上げは…

デビ・ギブソンと人気を二分した歌姫ティファニー!「アイ・ティンク・ウイー・アーロン・ナウ」 (I think we're alone now by Tiffany)

レバノン人の父とシリアとアメリカンインディアンのチェロキー族の系統の母を持つ、どことなくエキゾチックな風貌のアメリカンアイドル。 同時期にデビューしたデビーギブソンと人気を二分し、どちらがタイプかによって恋愛嗜好や異性趣味、さらには将来の結…