洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


スクール・オブ・ロックのジャック・ブラックは真のロック信者である!(School of Rock!)

スポンサーリンク



 

個人的に非常に気に入っている映画「スクール・オブ・ロック」!

70、80年代のハードロック爆発ムービーです。

最初にこの映画を見ようと思ったきっかけが、以前にMSNの映画特集で、レッド・ツェペリンのギタリスト、ジミー・ペイジがインタビューでこの映画のことを褒めてたから。
インタビューをうけてたペイジも、映画の中で自分達のことが取り上げられて気を良くしたのか、終始ご機嫌な様子でした。

 

 

映画では実際に有名アーティストの曲を全部演奏するわけではないのですが、時々BGMで流されるロックナンバーや、主演のジャック・ブラックの口からひんぱんに出てくるフレーズが、古き良きロックファンのハートを鷲掴みにするのです。

 

ストーリーはシンプルな学園ロックドラマ

 

ロック中毒のバンドボーカル、デューイはその情熱的すぎるパフォーマンがうざいとされ、バンドを首になります。

また居候中の友人の家で家賃を要求されために、たまたま受けた臨時講師の職を受けることに・・・・

仕方なく、うその経歴を偽って学校に赴いたデューイでしたが、学校の子供たちが無気力であることと、意外に皆音楽の才能があることに気づき、バンドバトルに参加することを思いつきます。

生徒たちも最初は困惑していたが、次第にデューイの破天荒ながらも温かい人柄とありのままを認めてくる姿勢に心を開きはじめ、一緒になってバンド活動に熱くなっていくのでした。

 

こんな感じですが、なんといっても、主演のブラックがキレてていい!

 

  

映画でもそうですし、自身もバンド組んでいるせいか、声もハリがあってすごくいいのです。

ブルース風というか、ハードロック風というか、とにかく低く響く声でロックをシャウトしまくりなデューイこと、ジャック・ブラックの熱いロック野郎ぶりが全開で、そのいちいち決めるセリフや表情にロックを愛するロックおたく全開の雰囲気が詰まりまくっていて、まさにブラックはロック信者そのもの!

 

 

バンドメンバーの子役も、実際に音楽経験のある子達を集めたのか、みんなめちゃくちゃうまい!
バックボーカルの黒人の女の子なんて、アレサ・フランクリン並みの声量の持ち主ですよ。

 


ラストは、子供を率いてロックコンテストでライブ。

曲も明るく、歌詞も楽しくて最高でした。 
もしあのバンドでアルバム出したら、絶対買いますね。

 

まとめ


全体としては、軽いコメディ仕立てで、家族で気軽に楽しめる作品となっています。

個人的には、何度も言いますが、主演のブラックのロッククレイジーぶりが非常に良かった。

マシンガントークも最高ですし、彼のバンドが出してるアルバムがこれまた名前じゃないけど、ブラックジョーク入りまくりらしいので、一度聴いてみないといけませんな。 

 

追記(2016年11月) 

映画公開後10年後の2013年に当時のキャストが同窓会を開いていた模様。

写真を見ると、皆ずいぶん大人になったなーという感じがします。

2003年というと、アラフォーの私からすればつい最近のように思えるのですが、よく考えたら10年前って結構古いんだなと。時の流れを感じますね(涙)

それにしてもブラックは老けたな~^^;

 

2003年

 

2013年

 

All kids in the movie are so vivid and plays so well. Thier technic of the playing instruments is outstanding!!  I also like Jack's mike performance when his hosting on Kennedy Center Honors 2012. He repeated " Zeppelin is the god of rock!"

I like his rock spirits.

 

おススメ記事

AC/DC≒破壊力抜群の伝説メガロックバンド!「ロックンロール・トレイン」(Rock'n Roll Train / AC/DC )

”レッド・ツェッペリン”とはイギリスが生んだロックの合言葉!「ブラック・ドッグ」(Black Dog / Led Zeppelin)

ロック原理主義者ジャック・ブラックとカイル・ガスのテネイシャスDは最高だ! (Tenacious D)

「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」を見て腹を抱えて笑った!(Tropic Thunder)