洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


モーガン・スパーロックの「スーパーサイズミー」(Morgan supurlock's "Super size me")

スポンサーリンク



 

マクドナルドだけでひと月を過ごしたら、どんな肉体的変化をもたらすか? そういう趣旨のもとにこの映画は作られました。 

そしてその実験の被験者となるのは監督自身で 守らなければならないルールはとっても簡単。 

店で店員に「サイズはどうされますか?」と聞かれたら、必ず

 

スーパーサイズ!

 

と答えることです。

では早速レッツマック!

 

マック開始

 

 

ドライブスルーでマックを注文。 

今日からいよいよ始まるぜマックパーリ―が!

いくぜ俺はガンガン食うぜ!

持って来いよ店にあるもん全部よ!

ぐらいの勢いで、ビッグなマックをバリバリに食い散らかす勇者モーガン。

そしてその結果は・・

早速吐いてました。 

 

 

ハンバーガーも特大、コークも特大、チキンも特大!と来たら、さすがに肉好きの私でも胸が悪くなってしまいます。

スーパーサイズの道のりはなかなか厳しいものです。

 

10日後

すでに全てのメニューを制覇してしまった監督。

糖分たっぷり、脂分ぎっとりのマクド生活に体も心もクタクタの様子です。

 

 

~日後(忘れた)

禁断症状か中毒か!?

食べ飽きたはずのマクドメニューが再びおいしくなり始め、体重も10キロ近く増強!

このままいけばタイトルどおり「スーパーサイズ」も夢ではありません!

 

 

~日後(やっぱり思い出せん)

医者から厳し~い警告。

「このままいったら、自分、死ぬでー」の一言に、さすがの監督も少しビビり気味。

 

 

1ヵ月後

 

ウェイト、血圧、体脂肪、その他もろもろ、全てにおいて、完璧なまでの不健康体になって「マックツアー」は終了。

1ヶ月間、全ての食事をマクドナルドのメニューでこなした監督は、自分を温かく見守ってくれたドクター、友人、恋人、撮影クルーなどとともに、最後の晩餐パーティーをマクドナルドで行います。 

 

 

クリスマスの帽子を被ってチキンを踊り食いする監督の姿からは、神々しいまでの”何”が毛穴と言う毛穴から溢れだしていました。

しかしよく見ると、ただのコレステロールだったりして(笑) 

とにもかくにも、見る者を感動の渦に引き込まずにはいられない出っ張った腹、たるみ切った中性脂肪のかたまり、すっかり血色の悪くなった死期間近な表情・・・・・

 

 

悲しくも痛々しい一人の男の壮絶な生き様を、画面を通して激しく感じ取ることができて幸せでした。

学校給食でファーストフードを出すのはどうかと思いますけど・・・

アメリカは確実に病んでいます。 

追記(2013年12月) 

スパーロックはこの映画で監督デビューを果たした後、様々なドキュメンタリーで成功を収めたようです。

その後も順調にキャリアを築き、今年の夏にミュージカルグループ「ワン・ダイレクション」の3Dドキュメンタリー映画を製作して、ボックスオフィスの一位を獲得したようですね~ 

I really admire suprrlock's giving 120% of himself attitude in the movie. He eats,eats eats....and eats humberger everyday. Eventually he got tons of cholesterols, greases and fat. Last secene, a public junior high school provides fast food for thier student, which makes me say to myself "American get sick...."

 

おススメ記事

アンソニー・ボーディンとグレイトフル・デッド(Anthony Bourdain and Grateful Dead)

髭もじゃ親父ポール・シニアが書いた渾身の自伝書「ライド・オブ・ア・ライフタイム」の気になる写真(The picture from the ride of a lifetime)

元英国特殊部隊SAS隊員ベア・グリルスがお送りする「サバイバル・ゲーム」(MAN vs WILD by Bear Grylls)