洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


ダーマ&グレッグは最高に面白かった!(Dharma & Greg)

スポンサーリンク



 

 

今日はお気に入りの海外ドラマを紹介しようと思います。

『ダーマ&グレッグ』です。

 

ドラマの内容 


アメリカでは1997年に放送開始されたコメディ。

日本では毎週土曜日の深夜にNHKで放送されていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

ボクも当時たまたまこの番組を見て、「なんじゃこれは!メチャメチャ面白いじゃん!」とハマってました。(現在はNHKでは放送されていないようです) 

しばらく目にしなかったのですが、先日ケーブルテレビのFOXチャンネルでたまたまこの番組を放送していたので、「おっ、なつかしいな」と思い、しばらく見ていると、やっぱりゲラゲラ笑ってしまいました。

 


「ダーマ&グレッグ シーズン1」特別予告編

 

7年前と全然面白さが変わっておりません。

というか、7年前の再放送ですがね。

ホームページを見てみると、シーズン2まで作られているようですが、DVD化は出演者の権利関係がこじれて、未だ発売されていないようです。

video.foxjapan.com

 

二人の出会い

 

幼い時に地下鉄で一度だけすれ違い、視線を交わした二人が大人になって同じ場所で再会し、お互いに一目ぼれ。デートをする時間ももったいないとスピード結婚したダーマとグレッグ。

 

 

ヒッピーの両親に育てられたダーマ(ジェナ・エルフマン)は、ちょっと常識はずれなところがあるけど、なんにでもまっすぐで前向きです。

その一方超エリート家庭で育ったグレッグ(トーマス・ギブソン)は、そんなダーマについていけない時もあるけれど、セクシーでキュートな彼女にぞっこんで、彼女を優しく見守ります。

 

 

全く環境の違う家庭で育った二人が、今までに知らなかった視点から物事を見て、お互いにはげましあい、学んでいく姿は、コミカルながらとても微笑ましく、見ている人を優しい気持ちにさせてくれますね。

 

最高に楽しいキャストたち!

 

僕がこのドラマで一番気に入っているのは、登場人物が話すセリフと”間”です。

ワンパターンでなく、常に新鮮。

気が利いていて嫌味じゃない。

脚本にかなり力を入れているのでしょう。笑いとしてすごく洗練されています。
お互いの家族間のギャップがまたいい。

片や上流家庭の一族、片やヒッピーのコミューン。

ダーマのお母さんがセラピスト(自称、魂の医者)で、お父さんが政府を信用しない反政府主義者(笑) しかも住所を登録していないというところに、アメリカ人の”ヒッピー”に対するイメージが現れていて興味深いですね。

 

 

グレッグのお父さんは元実業家で、財閥の長。

お母さんも地方の金持ちの出で、プライドの高いスノッブな人柄。

 

 

二人とも実は人の好い性格で、ダーマらのことを見下す素振りを見せたかと思えば、一緒にバカ騒ぎしたりと、どこか憎めないキャラクターが非常に楽しい。

でも基本的には、二人を含めた家族ともども、話や生活スタイルが噛みあわないことこの上なし。

それでも不思議と仲良くやっているところが、このドラマの謎めいた魅力の一つです。

 

 

番組は30分と短く、しかも一話完結のコメディなので、連続もののドラマが苦手な人も充分楽しめると思います。短い時間ながらも政治や宗教、その他時事ネタも折に触れ出てくるので、アメリカ社会の勉強にはもってこいかも知れません。

エッチな表現も時々ありますが、これもダーマの天真爛漫なキャラのおかげで全然イヤらしく感じません。子供と一緒にも見れます。(女性はダーマの服装に注目です。毎回お洒落な服で視聴者の目を楽しませてくれますよ)

ダーマ役のジェナ・エルフマンは、このシリーズで大ブレイクし、エミー賞のホストをつとめ、ベストコメディ女優賞にもノミネートされております。

映画では2000年に「僕たちのアナ・バナナ」という作品にヒロインで出演しているようで、ほかにもテレビシリーズには色々と出演されている模様。

僕たちのアナ・バナナ [DVD]

それにしても、この女優さん、すごく背が大きいんですね。

178cmあるそうです。 

 

 

ドラマでは相手役のグレッグが大きかったので、それほど高身長とは思いませんでしたが、178cmっていったら、日本では男性でも高いほうですよ。

やっぱりアメリカ人はみんなデカい!

ちなみにグレッグ役のトーマス・ギブソンは188cm。

この人もデカすぎるぜ!

 

 

 

番組のその後

 

残念なことに、2002年に番組は終了してしまいました。

理由の大きな一つとしては、9・11テロによるアメリカ社会の保守化が原因と言われています。

世の中が大変な時に、コメディなんてもってのほかだ!という声が上がったからとか。

しかし2011年には「Two and a Half Men 」というドラマのシーズン9:プレミアエピソードで、エルフマンとギブソンはダーマ&グレッグとして、9年ぶりにカメオ出演を果たしています。

 


Dharma and Greg in Two and a Half Men.mp4

 

とにもかくにも、このドラマを見ていると、本当に楽しく、ほっこりとした気分になれるから不思議なんですね。

純粋な気持ちになれるというか・・・・・

うまく言葉にはできませんが、懐かしい青春時代の甘酸っぱい”何か”を思い起こさせてくれる魅力があるんです。

たぶんそれは登場人物の面白さと優しさが、そう感じさせてくれるんでしょうね。

番組の再登場を心から願ってます。  

(再編集後の追記:2016年11月)

改めてDVDを見てみましたが、やっぱり面白いですね。
二人のやり取りはもちろんのこと、キャスト全員の不思議に笑えるコントも最高です。
でもそんな中で優しさがあるんですよね。
人に対する優しさ、動物に対する優しさ。
これってドラマを作っていく中で大切なことだと思います。
番組終了後から14年経っても色あせない魅力を放つダーマ&グレッグ。
ぜひとも新たななシーズンを再開してほしいと思いますよ。
誰かハリウッドに人脈を持つ人がいたら、ぜひともプッシュしてくださいな!

The drama was aired in the late weekend night in Jpapanese national broadcastation. I liked dharma's cute looking and funny acting and also loved other character's drawing as not only joking taste but also seriously sometimes. 

 

 おススメ記事

ソフィー・B・ホーキンスの女前的音楽人生と「ダーマ&グレッグ」の意外な共通点/ Sophie B. Hawkins

ZAZ(ザーズ)の遊び心溢れたライブアクトがすごくいい!(Je veux - zaz)

ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズは最高だった!(Jeremy Brett's Sherlock Holmes)