洋楽い~じ~らいど

洋楽、邦楽、映画、本、デジタル関係、ガンズ・アンド・ローゼズ、スターウォーズなどのレビューを取り扱っております。 Music, movie, book, toys, degital device, Guns and Roses and StarWars.

スポンサーリンク


予想外に社会派ムービーだった『ブラッドダイヤモンド』(Blood Diamond / Leonardo DiCaprio)

スポンサーリンク


 

映画館に見に行った作品。

予告作品を見てなかなか良さそうだったし、出演俳優も魅力的だったので(ジェニファー・コネリーが好きなんです)、それなりの期待感を持ちつつ。


ところが


最初はダイヤモンドを巡るただの冒険活劇だと思っていたんだけど、これが結構シリアスな社会問題(それも現実に進行している)を提起した内容で、「おおっ、思い切りハードボイルドじゃねえか!」といい意味で刺激を受けたという感じで^^

ストーリー設定は事実を元にしたようで、それは、

『世界中の何パーセントかのダイヤは、アフリカの某国で採掘されており、その国の反政府ゲリラが武器購入のためのダイヤ採掘の労働力及び兵士の確保のために、各地で村々を襲っていく』

という悲しき現実だった・・・

 

ストーリー



働ける大人はダイヤ採掘の奴隷労働に、虚弱な大人は選挙で政府側に投票させないために斧で両手を叩き落し、少年は洗脳して兵隊にするためにさらっていく。 

政府軍と反政府軍の争いが続くシエラオネで、反政府組織を引生きるリーダーは資金を手に入れるために、拉致した村人を採石場で働かせ、発見したダイヤを武器や現金と交換していた。

 

 

ジャイモン・フンス―演ずるソロモンも、村を襲われ、家族と離れ離れになる。
強制労働でダイヤ採掘現場で働かせられるも、そこで巨大なピンクのダイヤの原石を見つけてしまう。 

反政府組織のリーダーがそれを発見して奪おうとするが、突然、政府軍の攻撃が始まり、組織ともども、ソロモンも捕まってしまうことに。
留置場の中には傭兵部隊に属するダニー・アーチャーがいた。
この男がレオナルド・ディカプリオだ。

 

 

アーチャーは傭兵部隊の資金稼ぎとして、反政府組織に武器を調達し、その代価として受け取ったダイヤモンドを現金化するための密輸の途中で政府に捕まってしまっていた。
留置場の中でアーチャーは反政府組織のボスとソロモンとの会話の中にあった巨大なピンクのダイヤモンドの話を聞き、傭兵部隊を抜けて国外に出る夢をかなえるため、ダイヤモンドの必要性を感じる。

そこで巧妙にソロモンを誘って、留置場を出て、ダイヤモンドのありかを訊ねる。

しかし、うさんくさい白人のアーチャーを信用できず、ソロモンは答えようとはしない。

ダイヤモンドは採石場に隠してあったのだ。

アーチャーは交渉の結果、ソロモンの息子を探す手助けをすることで、それを頂くことになった。

知り合いの密輸ダイヤモンドの実態を追うジャーナリスト、マディー(ジェニファー・コネリー)の協力を受け、争いが続くアフリカの地に飽き飽きしていたアーチャーは、以前から国外への脱出計画していた。

 

 

アーチャー自身も幼いころに南アフリカで起きた紛争で両親を亡くし、孤児になっていたところを傭兵部隊に拾われて人生の半ば以上を傭兵として過ごしていたのだ。

当初はダイヤモンドの価値だけに注目してソロモンと行動を共にしていたのだが、生死を共にするうちに、ソロモンとの間で友情に似たものが芽生えつつあった。

また同時にシエラオネの悲惨な現状を目の当たりにして、徐々に心が揺れていく。 

首都が反政府軍によって制圧されたことで、反政府組織のリーダーは留置場を出ることになり、ダイヤモンドを手に入れようと、彼もソロモンの行方を執拗に探していく。

 



絶え間ない戦闘と逃避行の末、アーチャーは自分の属した傭兵部隊の力を借りて、反政府組織を壊滅させることに成功する。

しかし同時に傭兵部隊のリーダーもソロモンのダイヤモンドを手に入れたいと考えていたため、ソロモンを殺してそれを手に入れようと図る。

 

 

部隊につくか、ソロモンを助けるか・・・

究極の選択の中、アーチャーはソロモンを助けることに決めた。

重武装の部隊の追撃を受けつつ、二人は懸命に逃げた。

しかしついに、銃弾がアーチャーを撃ち抜く。

「行けよ・・・ここは俺が食い止めるさ・・」

切り立った崖の途中でアーチャーは荒ぶる息を吐きながら、ソロモンに先を行くよう促した。

「何を言ってるんだ!あと少しで国境を抜け出るじゃないか!あんたはダイヤモンドが欲しかったんだろう?ここを切り抜ければこれをあんたにやるよ!だから弱音を吐かずに逃げるんだ!」

ソロモンは懸命にアーチャーを励ました。

しかしアーチャーは力なく笑ってソロモンに言った。

「俺はムリだ。国境を抜けたらマディー(ジェニファー扮するジャーナリスト)に連絡しろ。いいか?息子のことを頼むんだ」

そう言って、アーチャーはマディーに持っていた衛星電話で連絡を取り、ソロモンと彼の息子のことを頼むと伝えた。

「なぜ?あなた自身が来ればいいじゃない?助けを呼ぶからそこで待ってて!」

「いいんだ。マディー。俺はここに残るよ。ソロモン達をよろしく頼む」

「アーチャー!」

「マディー、あんたと出会えて本当に良かった。どうかあんたの手でこの国の腐敗を暴き出してくれ。あんたなら出来るさ。俺はここに残って、最後までこの美しい大地や青空を眺めるよ。本当に会えて良かった・・」

 

 

そう言ってアーチャーは電話を切り、ソロモンに先を行くよう促した。

背後には傭兵部隊の追手がすぐそこに迫っていた。

ソロモンは崖を駆け上り、国境の外に出てマディーと彼の息子の待つ街に向かっていく。

アーチャーは一人、美しい青空を眺めながら、最後の時を過ごしていた・・・

 

まとめと感想



今までディカプリオの映画を観たことがなかったのだが、実に良かった。

最初は薄汚い傭兵のダイヤの密売人として登場するのだが、黒人の父親ソロモンと行動を共にするにつれ、心が変わり、最後は誇りある南アフリカ人として天に帰る。

実に男らしい結末だった。

ヒロイン役であるジャーナリストのジェニファー・コネリーとの心の交流も、ありきたりのラブシーンなどなく、まるで「ラストサムライ」のトム・クルーズと小雪との淡い恋心風の描写のようで、ハリウッドのお決まりラブシーンを見飽きた私にとっては実に心地よかった。(そういえばこの映画の監督は「ラストサムライ」のエドワード・ズウィック監督である)。

「あんたに俺を批判する資格なんかないぜ。あんたらのスノッブな雑誌には、俺達みたいな密売人がさばいているダイヤモンドの広告が載っている。そいつを見ておたくの読者が給料の3か月分をはたいて、婚約者にリングを贈るのさ。そのダイヤがアフリカの山奥で黒人が奴隷扱いされて採られたもので、ゲリラの武器の資金になってるとは知らずにな」

映画の冒頭で、ディカプリオ演ずるアーチャーが出会ったばかりのマディー(コネリー)に対し放った言葉だ。

 

 

最後に付け加えた言葉が先進国で生きる我々の心に深く刺さる。


「結局、俺らとあんたらは同類なんだよ」


国境を出てマディーの助けを得たソロモンは、彼の息子とともにロンドンに亡命する。

そこでシエラオネで行われている非道の数々を暴くために、国際裁判の証人として出廷するためだ。 

その道中の途中で、ソロモンはロンドンの街中にある宝石店で足を止めた。

ショーケースに飾られた大きく美しいダイヤモンド。

ソロモンは瞬きもせず、それをじっと見つめていた・・・・

採られたダイヤはインドに集められて選別されるため、市場に出回ることには、その出所は分からなくなるという。

 

 

また映画の中で描かれていたような不幸な少年兵は、未だにアフリカ全土で20万人ぐらいいるらしい。

それと対照的なのが、ダイヤモンドの消費量世界第一位がアメリカ2位が日本という耳の痛い事実だ。

そういえば日本は違法に採られた象牙も輸入量で世界有数だったような・・・・・

同国人として複雑な気分。

人間は美と虚栄のためなら、平気で醜い現実を無視することができるのかもしれない。

しかし一方で、真にその残酷さを目にすることができたなら、きっと人は変われるのだとも思う。

そういう可能性をディカプリオが演じる傭兵の最後に感じてしまったという意味では、彼のような派手な俳優が演じることの意味は意外と深いことかもしれない。

とにかく熱い名作だった。

機会があれば、ぜひ一度御覧になっていただきたい。

 

追記(2016年11月)

9年の歳月を経て再びこの映画を見た。
アフリカを巡る問題は、記事を書いた当時と比べると、中国の影響力が巨大になったことで、さらに混迷を増したように思えるが、そんな時代の移り変わりを経ても変わらない男の生きざまに心打たれた。
自ら変わろうとする気持ちがあれば、いつでも状況を変えることは可能だと感じさせるこの作品に、かつての自分以上に感動を感じる。
どうか再び続編を作ってもらえればなあと思います。

 


Blood Diamond II - Official Trailer

The plot is so serious that I couldn't take my eyes off even with any moment. There are same things happening in Africa according to some news media, that's tradegy. More many people watching the movie, more many people noticing the tradegy and it's gonna be stopped, I beileve.

 

おススメ記事

『ホビット 思いがけない冒険』のセリフにトールキンの熱い想いを感じた!(The Hobbit unexpected journey) - 洋楽メモランダム

ユアン・マクレガーの「ブラス!!」は社会派作品だった!/Ewan McGregor's Brassed off!! - 洋楽メモランダム

静かに深く感動した「狩人と犬、最後の旅」/The Last Trapper - 洋楽メモランダム