洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


最強のパロディ・ミュージシャン「アル・ヤンコビック」こと (Weird Al Yankovic)

スポンサーリンク



 

最初にアル・ヤンコビックを見たのは「今夜はイート・イット」だのビデオだった。 

これもPOPベティハウスで見て、衝撃を受けたミュージックビデオの一つだ。  

メガネをかけたおかしな白人が、リズムをとりながら変な踊りをしたり、やたらとハンバーガーを食ってるシーンが可笑しくて大笑いしてたな。
当時の僕は本家本元のマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」を知らなかったので、そういう笑えるビデオだとばかり思っていたのだ。

後でマイケルのを見て「おお!」と再び衝撃。

パロディを見た最初の感動だったなあ。 

マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」のほうはすでに知っていたので、ヤンコビックのパロディ「ライク・ア・サージョン」(外科医のように)見たときは「ああ、またやっとるな、このおっさん」と余裕をこいて見ることもできたし、マイケルの「BAD」もパロディってたような気がする。

 


"Weird Al" Yankovic - Fat

 

一体どんな経歴なんだと、あらためてググって見ると・・・・

 

・大学在学中の1979年、ザ・ナックのヒット曲「マイ・シャローナ」の替え歌「マイ・ボローニャ」を自主制作。これがラジオでオンエアされたところ人気を呼び、デビューのきっかけとなる。

・1984年、マイケル・ジャクソンのヒット曲「今夜はビート・イット」(Beat It)の替え歌「今夜もイート・イット」(Eat It)が大ヒットする。音はもちろんのこと、ミュージック・ビデオも本物そっくりにパロディ化したこの曲はMTVで大量オンエアされた。

・1988年、ジャクソンの「BAD」のパロディ曲「Fat」(デブ)を発表した。ジャクソン本人もヤンコビックの才能を認め、「Eat It」と「Fat」の2曲はジャクソン公認のパロディ曲となる。

・マドンナやM.C.ハマー、ニルヴァーナ、クーリオ、エミネムなど、その時々の人気アーティストのヒット曲の替え歌と本物そっくりなミュージック・ビデオを作り続け、パロディ・ソングの帝王として確固たる地位を築いている。

・1998年1月に、レーシック手術を受ける。それを機に、彼はそれまでのトレードマークだった眼鏡と口ひげ、アフロヘアをやめた。

・2006年9月発売された「Straight Outta Lynwood」は、Billboard 200で10位を記録した。同アルバムの1曲目に収録された「White & Nerdy」はBillboard Hot 100 9位、iTunes Store 2位、音楽専門局VH1 1位と驚異的ヒットを記録し、ヤンコビック初のBillboard Hot 100でのトップ10入りシングルになった。

・2014年7月15日にリリースした14枚目のアルバム「Mandatory Fun」で、自身初となるBillboard 200の1位を記録。同時に1963年以来初の、Billboard 200の1位を記録したコメディーアルバムとなった。

・好物は、自らのオリジナル料理、トゥインキー・ウインナー・サンドイッチである。トゥインキー(クリーム入りケーキ菓子)にウインナー・ソーセージを挟み、上から缶入りスプレーチーズを乗せた奇怪なおやつは、映画UHFの中でも紹介された。最近はベジタリアンに転向したため、中身を豆腐ウインナーに変更したが、相変わらずお気に入りである。

 

wikiからの引用だが、それにしてもなかなか面白い経歴の持ち主だ。

パロディの実力も折り紙付きで、本人から公認をもらうなど、処世術は上手いなあ。

日本でいえば、物真似キング・コロッケみたいなもんだろう。

若い頃のものと思われる写真を見つけたが、素はかなりのハンサム・ガイ。

 

 

基本的にはジム・キャリー系の顔って言う気もする。

あちらのパロディとかコメディアンて言うのは、こういう顔相の人が成功しやすいのかな? 

全米最強のパロディミュージシャンとはアル・ヤンコビックのことを指します。

Very glad to know he is still on the parody scene, and I strongly hope he come to Japan and give me big laugh to death as he used to do!!

 

おススメ記事

映画『イコライザー』の主題歌でエミネムとシーアがコラボレート!(Guts over fear-Eminem with Sia)

ロック原理主義者ジャック・ブラックとカイル・ガスのテネイシャスDは最高だ! (Tenacious D)

「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」を見て腹を抱えて笑った!(Tropic Thunder's review)