読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽メモランダム

洋楽メインの音楽レビュー、映画の感想、電子書籍、デジタル関連グッズの情報を取り上げていきます。 Review about music, movie, drama, books, Digital devices!

スポンサーリンク


才能あふれるポップシンガー、ライオネル・リッチーは中東の人々に愛されていた!『セイユー・セイミー』(lionel richie)

スポンサーリンク

85年公開のアメリカ映画「ホワイト・ナイツ/白夜」のサウンドトラックから。

全米ビルボードチャート8位を記録した。     

Say You, Say Me

Say You, Say Me

  • ライオネル・リッチー
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

映画は、ソ連系アメリカ人のバレリーナと、アメリカ系ソ連人バレリーナが友情を育み、紆余曲折の末、両者とも自由の国アメリカに亡命するという、当時よく描かれた自由万歳の作品だったが、映画そのものよりも、ミュージックビデオがより印象的で、 多分これが生まれて初めて見たサウンドトラックなんじゃないかと思う。

途中で歌のリズムが早変わりするのが面白かった。

この曲を歌うシンガーは、もちろん御大ライオネル・リッチー。

 

 

総計一億枚以上のアルバムセールスを誇るアメリカのポップシンガーは、1974年にコモドアーズのメンバーとしてデビューし、1982年からはソロとして活動し、1983年にリリースされたアルバム『オール・ナイト・ロング』で全世界でトータルセールス2000万枚を超える大ヒットを放った。  
他にも彼の代表曲である「エンドレス・ラブ」も世界中で愛されるスタンダードナンバーとなっていて、まさに世界のポップシンガーとして一時代を築くことになる。
個人的には彼のライオン髪型が名前の「ライオネル=ライオン」と似てて、そっちのほうに気をとられて笑ってた記憶があるけど(笑)。
「Say you , say me」以降は表舞台からしばらく姿を消していたようだが、96年に復帰し、2006年、2009年、そして2012年とゴールドディスクを獲得するほどの売り上げを記録するようになった。(ちょうど2007年~2008年のあたりに来日している)

本国アメリカよりもヨーロッパやアラブ諸国で人気を誇っているのが特徴的で、2006年の米国ABCテレビのレポートによると、成人したイラク人男性がうるんだ目で”ライオネル・リッチーは最高!”と叫んでいて、米軍戦車部隊のバグダッドに進撃の際には、イラク市民が「オールナイトロング」を歌っていたという。

 


Lionel Richie - All Night Long (All Night)

 

リッチー自身も戦争に反対で、再びバクダッドを訪れてライブをしたいと語っているそう。個人的に思うのだけど、ライオネル・リッチーがこれだけ中東の人に愛されるのは、米軍のイラク侵攻に反対しているのもあるだろうが、それ以上に彼自身に中東の血が入っているからではないかなと私は睨んでいる。

顔つきも普通のアフリカ系とは異なるし。 どちらかといえば、カタールとかにいそうな感じ。たぶんご先祖はベドウィンだったんじゃないかな?または中東の王族とか。

80年代洋楽好き的に気になる情報としては、同じくアメリカのポップシンガー、リチャード・マークスを発掘したのも、リッチーだったというのも有名な話だ。 

yougaku-youga.hateblo.jp

地元で音楽活動をしていた高校生のマークスを、卒業後に自分の元に来るように勧めて数年間修行をさせたらしい。

おそらくマークスの父親が有名なミュージシャンだったのも関係してるのだろう。

数年前に来日したリッチーだが、また日本に来て「セイ・ユー、セイ・ミー」を歌ってほしいものだ。  

I didn't see the movie but still remember the tune, especially for the sudden change of tone in the middle of the song. 

 

おススメ記事

ブルーノ・マーズ&マーク・ロンソンの『アップタウン・ファンク』("Uptown Funk" Bruno Mars & Mark Ronson) - 洋楽メモランダム

MTVのヘビロテだったスティーヴ・ウィンウッド 『ハイヤー・ラブ』/"Higher love" Steve Winwood) - 洋楽メモランダム

スティーヴィー・ワンダーの心温まる名曲『心の愛』(Stevie Wonder『I Just Called to Say I Love You』) - 洋楽メモランダム