洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


今なお心洗われる名曲!USAフォーアフリカ『ウィ・アー・ザ・ワールド』(We Are The World/USA for Africa)

スポンサーリンク



 

 

POPベティハウスで拝見したPV。

洋楽は同番組で84年に見始めたのですが、洋楽初心者の私でも85年に出された「ウィ・アー・ザ・ワールド」に出てるアーティストは、ほぼ全員見覚えがありました。 

「あっ、この人出てる!あっ、あの人も!」
みたいな感じの超豪華キャストで、ほんと豪華メンバーでした。これだけ大勢のアーティストが集まって何を歌うんだろうと見てたら、何かと心にせまるメロディで泣かせる泣かせる!

 


USA for Africa - We are the World

 

英語はまったくでしたが、アフリカだけは分かったんで、「ああ、飢餓の子供達を救うためだな」と悟り、自分が子供であるのを忘れて感動してました。

その一方で「アメリカのアーティストはなんて心の豊かな人が多いんだ。それに比べて日本の歌手は・・・」なんて、一人憤慨してましたね。

純粋だったぜ、あの頃は・・・

このPVはミュージックアワードの式典が終わった後に撮影されたものらしくて、全体的に緊張感が抜けてたそうです。

それを見たもともとの発起人が「おいこら!」と、激怒したとか。

その後にアフリカの惨状を語りだして、何人かは泣いてたそうですね。

そこから熱が入ったかどうかは分かりませんが、ブルース・スプリングスティーンとかは、すごく真剣だったみたいです。

さすがはボーンインザUSA! 熱い魂を持つ男です!

もともとこの曲というか、この集まりは、前年にイギリスでやはり有名アーティストが集まって作ったチャリティソング「Do they know its christmas」から影響を受けて出来たみたいです。

 


Band Aid - Do They Know Its Christmas

 

これもやはりアフリカの子供達に向けた歌ですね。

この歌も素晴らしいと思います。

ワムやニール・ヤング、エルトン・ジョンらも出ていて華もありましたし。

とにもかくにも、マイケル・ジャクソンの貴重な歌声が聞ける「ウィ・アー・ザ・ワールド」、きっと心が洗われますよ(本当に)。  

When I first listend this tune, I was only 11years old. The song was really wonderful, hitting strongly my sensitive feeling what so ever. Even now the tune makes me cry. 

 

おススメ記事

マイケル・ジャクソンよ永遠に・・・・/ヒール・ザ・ワールド/(Heal The World/Michael jackson)

タイム・アフター・タイムなシンディ・ローパーの奏でる摩訶不思議なハーモニー(Time After Time / Cyndi Lauper )

ブルース・スプリングスティーンの『ボーン・イン・ザ・USA』は愛国歌ではなかった!(Bruce Springsteen『Born In The U.S.A.』