洋楽い~じ~らいど

洋楽、邦楽、映画、本、デジタル関係、ガンズ・アンド・ローゼズ、スターウォーズなどのレビューを取り扱っております。 Music, movie, book, toys, degital device, Guns and Roses and StarWars.

スポンサーリンク


首ふりふりのエジプトダンスが懐かしい!バングルズ「エジプシャン」(The Bangles)

 

バングルズといえば「マニック・マンデー」や「胸いっぱいの愛」で有名だが、僕がテレビで彼女らを見たのは、この「エジプシャン」のビデオクリップが初めてだった。

エキゾチックな曲に手首を曲げた踊り、タンバリンをリズミカルに叩く4人の美女エジプシャンが今も懐かしい。

このPVは後にPOPベティハウスでも定期的に流されていたから、視聴者からもリクエストが多かったのだろう。

時折挿入される、一般市民のエジプシャンダンスの雰囲気が、見るからに当時のアメリカの風俗を表していて、なんだかナイスなのである。

 


The Bangles - Walk Like an Egyptian

 

他の曲ではボーカルのスザンナ・ホフスが一人で歌うことが多くなったが(当たり前だが)、このPVでは4人がそれぞれボーカルを取っている。

 

バングルズの歴史


1981年に結成したバングルズは、1984年にファーストアルバム「気分はモノクローム」でデビュー。

当時飛ぶ鳥を落とす勢いの人気だったプリンスが、このアルバムを聞いてバンド、特にボーカルのホフスを気に入り、名曲「マニック・マンデー」を提供した。

この曲が収録されたセカンドアルバム「シルバースクリーンの妖精」がヒット。

  
その後数々のシングルヒットを飛ばし、89年には「胸いっぱいの愛」で全米一位を取るなど人気は絶頂に達するが、89年を境に活動を停止してしまう。

2003年には活動を再開したようで、2005年にはベースの赤髪マイケルが脱退するも、現在もオリジナルメンバー3人で頑張っているようだ。

途中で入る口笛の音が印象的な一曲。 

I like to see both band members bending thier arm like ancient style and people in the street shaking and waving thier head or hands like antient Ejiptian with smile. 

  

おススメ記事

思い出深いバングルズの名曲「胸いっぱいの愛」 (Eternal Flame / The Bangles) - 洋楽メモランダム

ロックバラードの雄、エリック・マーティンのエターナル・フレイム(胸いっぱいの愛)/ (Eternal Flame / Eric Martin) - 洋楽メモランダム

プリンス、死去 (Prince has passed away) - 洋楽メモランダム