洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


キーボードの魔術師ハワード・ジョーンズの意外なる転身(Howard Jones /What is Love)

スポンサーリンク



 

懐かしのハワード・ジョーンズ。 

これもPOPベティハウスで見て記憶しているものです。 

当時のPVはミュージシャンと作品中の俳優がコラボレートしてるのが多いですね。 

このころのファッションなのか、チェックのシャツと帽子がチェッカーズのフミヤみたいでいいです。というか、フミヤが真似したのか^^

 

バイオグラフィー

 
イギリスで生まれたジョーンズは、子供のころからピアノを始めて、家族とともにカナダに移った10代は、プログレッシブバンドを組んで音楽活動を続けます。

再びイギリスに帰国した途に、ジョーンズは王立音楽学院に入学する一方、バンド活動も同時に継続。

この時期に出会った僧侶に歌詞を書いてもらった影響で、そのご仏教に改宗する素地ができるのです。

ジョーンズがメジャーデビューのきっかけを得たのは、働いていたロンドンのマーキュリークラブでレコード会社を招いて演奏したことから。

このことがきっかけでBBCラジオで演奏することになり、メジャー契約を果たします。

その後、ファーストシングルの「ニューソング」がヒットし、瞬く間に世界のジョーンズへと変身を遂げるのでした・・・・



しかし!!



この後も着実にヒットメーカーとなりますが、その他大勢の80年代アーティストの例に漏れることなく、93年にメジャー契約が打ち切らることに。

レコードセールスの落ち込みが原因でしょう。

時代はジョーンズのキーボードを必要としなくなっていたのです。(なぜか解散とか引退とかは93年ごろが多いです。まさに洋楽ミュージシャンにとっての厄年!)

メジャー契約を打ち切られたジョーンズは、そのときのショックか、それとも若い時に出会った僧侶との約束を果たすためなのか、80年代後半に仏教徒に改宗してしまいます。(某S学会だそうです)

 



そういえば彫りの深い目元にナイーブさが・・・・

現在は自身のレーベルDtoxを設立し、地道ながら活動を続けているそうです。

そんな彼も今年で59才になるといいますから、まさに円熟の極みですね。

One of the memorable musicians in my 80's MTV’s life. 

 


Howard Jones - What Is Love

 

 

おススメ記事

タイム・アフター・タイムなシンディ・ローパーの奏でる摩訶不思議なハーモニー(Time After Time / Cyndi Lauper )

ア・ハはノルウェーが生んだ最強のポップトリオ!『テイク・オン・ミー』Take on me/ a-ha

ザ・ポリスは好きだが、スティングのメッセージ性はそれほどかも。/The Police-Every breath you take)