読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽メモランダム

洋楽、映画、海外ドラマ、書籍、デジタル関連グッズのレビュー : Review about music, movie, drama, books, Digital devices.

スポンサーリンク


ジョン・バトラー・トリオの「ベター・ザン」は雄大な大地のリズム(John Butler Trio/Better Than)

2000年代洋楽
スポンサーリンク

初めて聞いたのはHMVの試聴ブース(2007年)。

新作コーナーの一角にあり、店員手書きのカードに「大地のグルーヴ!」と書かれていたのを見て、足が向いた。

 



「おお!!」

 

一曲目からガツン!とやられた。


形容しがたい独特のメロディー。

大地のサウンドとは良くもいったという感じの、地味だが心に残るギターライン。

2曲以降も悪くなかった。

どれもいい。 

早速購入して家で聞くと・・・

 

youtu.be

 

正解。

ハズレ曲なし。

彼らはオーストラリアのバンドで、インディーズ時代から含めると、これが通算3枚目のアルバムになる。

メジャーデビューとなった前作「Sunrise Over Sea (Internet Album) 」でブレイクし、数々のライブイベントに参加、母国オーストラリアではかなりの人気だとか。

特にサーファー達からの支持がすごいという 

だが実際は、ボーカルのバトラー自身も一見ボーダーっぽい雰囲気を醸し出しているも、サーフィンもボードもまったくしないというから面白い。

 

 

日本にもサマーソニックで来日しており、その卓越したライブアクトから、その年のサマソニ最優秀なんちゃらに選ばれたほど「生粋のライブバンド」というわけだ。

ボーカルはそれほど上手いとはいえないが、何だか妙に聞かせてくれる。楽曲の良さだろうか。

久しぶりに買ってよかったと思える作品です^^

Consecutive guitar, resonating bass sound on my feeling. that's is the today's song.    

 

関連記事

ジャック・ジョンソンの『ベター・トゥギャザー』は波の音と爽やかなビーチに良く似合う / Jack Johnson - Better Together - 洋楽メモランダム

ジョン・バトラーの使っているギターはやはりメイド・イン・オーストラリア!(John Butler plays by Maton's guitar!) - 洋楽メモランダム

ジョン・バトラーの軽やかに歪むギターが最高!「ドント・ウォナ・スィー・ユア・フェイス」-John butler Trio - 洋楽メモランダム

ジョン・バトラー・トリオ「トリート・ヨー・ママ」とサイキック青年団(John Butler Trio/Treat Yo Mama) - 洋楽メモランダム