読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽い~じ~らいど

洋楽、映画、本やおもちゃ・雑貨などのレビューをお送りします。Review about music, movie, drama, books, Digital devices!

スポンサーリンク


デフ・レパード会心の4作目!ヒステリアから「アニマル」!(Animal - Def Leppard)

スポンサーリンク


 

ボン・ジョビ、ガンズアンドローゼズらと並ぶ、80年代後期を代表する大物ロックバンドの一つ、デフレパード。

デビュー自体は80年代前半と結構古いが、83年「炎のターゲット」、87年「ヒステリア」のメガヒットで、世界に名を馳せた。

今日のタイトル曲「アニマル」は、4枚目のアルバム「ヒステリア」からの2枚目のシングル。 

一枚目のリリースシングル「ウーマン」が、USpopチャートではいまいち振るわなかったが、この「アニマル」は19位まで入り、後にバンドを代表する曲にまで評価されるに至った。

前作「炎のターゲット」からのヘビメタ・ファンからは不評だった「ヒステリア」。

しかしバンド史上としては、2000万枚もの怪物的トータルセールスを成し遂げたメガヒットアルバムとなっている。

「ヒステリア」のアルバムコンセプトはマイケル・ジャクソンの”スリラー”だ。

全曲捨て曲なし!のアルバムを考えて製作されたということ。

この思惑はおおむね当たり、アルバムは先ほど述べた空前のセールスを成し遂げることになった。

 

「炎のターゲット」(1983年)

「ヒステリア」(1987年)

「アドレナライズ」(1992年)



以上の3枚アルバムがデフレパードの3部作といわれている。

個人的にはやはり「ヒステリア」が一番好きで、特にタイトル曲「ヒステリア」は何気に泣けたな。

サードアルバム「炎のターゲット」ではシングル「フォトグラフ」「ロック・オブ・エイジズ」がベスト。

彼らの持ち味は荘厳なコーラスで、上の二つは特に味が出ていると思う。

今回の「アニマル」はストレートなロックチューンで、バンド従来のヘビメタ路線とは一線を画した「ヒステリア」を代表するにふさわしい一曲となっているのだ!

 

youtu.be

"Animal" was my first music video seeing by MTV, everytime I heard Hysteria or Armageddon it, lots of my Junior highschool memories coming up on my mind.

 

関連記事

yougaku-youga.hateblo.jp 

yougaku-youga.hateblo.jp 

yougaku-youga.hateblo.jp