洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


ロック少年に送るデフ・レパードのロック賛歌!「レッツ・ゲット・ロック」 (Let's get rocked by Def Leppard)

スポンサーリンク



 

1992年発表の「アドレラナイズ」からのファーストカットシングル。

前作「ヒステリア」で世界的な成功を収めた、デフレパードの期待に期待された作品だ。

製作期間中にギタリストのスティーブ・クラークが亡くなるという痛ましい悲劇に見舞われ(アルコール依存症からくる薬物過剰摂取)、売り上げこそ前作に及ばなかったものの(それでも700万枚!)、26カ国で一位をとるという「ヒステリア」以上の成功を収めた彼らは本当のロックモンスターだった。

  

アドレラナイズで真のリスニングファンへと

 

僕がレパードのファンになったのは「ヒステリア」がある程度有名になってから以降で、そういう意味でニューアルバムを発売当初から買って聞いたのは、この「アドレナライズ」が初めてなのだ。

このアルバムには少々思い出があって、当時聞いていたFM802の音楽番組でアルバムの抽選プレゼントがあり、それに応募したところ、見事当たった。

もちろん発売以前のことで、本人がすっかり忘れていた頃に郵送されてきて、

「なんじゃこりゃ?」 

と箱を見て頭を傾げつつ、開けてみるとびっくり仰天!

「おおっ!当たっとんたんや!」

もちろん一枚は聞く専用、もう一枚は保存用にしましたよ。

後年に友人に譲ったけど。

そんなわけで懐かしの一枚。

どれも相変わらず、重厚でハーモニーの美しい素晴らしい仕上がりでしたねー。

今日のレッツゲットロックも、ロックンロールの持つ歴史的意義(頭の固い親父どもに対するレジスタンスから始まったのだ!)をキッズの感性で見事にソングライティングしており、何回聞いても飽きさせない仕上がりになっています。

  

Let's Get Rocked

Let's Get Rocked

  • デフ・レパード
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

実はブログに取り上げたのもここ最近、頭の中で「レッツゲッ、レッツゲッ、レッツゲットロック!」が繰り返しかかってたから。

きっとロックの神が光臨していたのでしょう。 きっと。

*2013年にラスベガスでライブが行われ、ここでのショウは彼ら初めての試みである「ライブアルバムのためのショウ」となった。(「ビバ!ヒステリア」)

しかし同年の6月に、ギタリストのヴィヴィアンがホジキンリンパ腫を発症したが、ツアーは休まずに公演した。(その後、ヴィヴィアンの症状は鎮静化したという)

2014年2月11日には、96年発表の「スラング」にデモや未発表曲を含めた30曲を含めたリマスターアルバムをリリースした。

I was able to get two of the album, one was bought by myself, and other was a prize as a drawing offered by the radio show. Life is full of sueprises.

 

おすすめ記事

yougaku-youga.hateblo.jp 

yougaku-youga.hateblo.jp 

yougaku-youga.hateblo.jp