読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽メモランダム

洋楽、映画、海外ドラマ、書籍、デジタル関連グッズのレビュー : Review about music, movie, drama, books, Digital devices.

スポンサーリンク


ロックキラーチューン!ファイアーハウスの「ドント・トリート・ミー・バッド」 by ファイヤーハウス(Firehouse)

1990年代洋楽
スポンサーリンク

1990年発表のデビューアルバム「ファイヤーハウス」からのシングルカット。

 

 

メロディー、ギター、ボーカルのハイトーンボイスともに聞き応えがあり、ロック好きのティーンエイジャーの心を掴んで離さないキャッチーさを兼ね備えた名曲だ。

高校3年の当時、ラジオのヒットチャートでこの曲を聴いて、一発で気に入ってしまった。 

 

Don't Treat Me Bad

Don't Treat Me Bad

  • FireHouse
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

80年代後半から90年代前半というのは、良質なハード/メタルロックの宝庫だったような気がする。

グランジやヒップホップが流行る前の懐かしき時代。別に黒人音楽を差別するわけではないが(マイルスやスティービーワンダーは素晴らしい)、今の洋楽チャートの上位を占める音楽って、ムーディーなものやバラード、もしくはソウル系ダンスみたいなのが多いような印象を受け、正直あまり聴く気になれないのだ。

どのアーティストも相当な実力派なのだろうけど、どうも単純に楽しめないのですね。

似たような歌い方、曲調が多いせいだろうか?

80年代から90年代前半のヒットソングって、ポップス、ロック、バラードと多種多様で、アーティストがファンを楽しませようという雰囲気があったと思う。

でも最近のは「どう?俺(わたし)って上手いだろう?」みたいな自意識がPVや歌い方に見えて仕方がない。

好き勝手書きましたが、ここ10年はチャートとか全然チェックしていないので、あくまでたまに漏れ聴く印象です。

そろそろ肝心のファイヤーハウスについて少々。

90年代にメジャーヒットを飛ばした彼らは、その後アジア(特に日本で)人気を保ち続ける。

 



コンスタントにアルバムリリースやツアーを行い続け、デビュー以来のアルバムセールスが7百万枚(!)にも上るようになるのだ。

89年から90年代にデビューしたハードロックバンドが、その後訪れたグランジブームやヒップホップの隆盛でその多くが解散の憂き目にあうが、ファイアーハウスは日本を中心とするアジア各国、南米、ヨーロッパで長く人気を保ち続けた。

2011年には通算9枚目のアルバム「フル・サークル」をリリースするという、実に息の長いバンドアクティビティ!

まさに「俺を軽く扱うなよ!」なバンド人生なのだ!

 

youtu.be

 

The band got beautiful chorus, edged guitarsolo, interesting melody, and perfect H/M looking. I was into them for the first time as soon as hering the tune. No doubt they were one of the best H/M band ever been.

 

 

関連記事

yougaku-youga.hateblo.jp

 

yougaku-youga.hateblo.jp

 

yougaku-youga.hateblo.jp