洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


ラップの走りは「ウォーク・ディス・ウェイ 」by ランDMC&エアロスミス(Aerosmith featuring Run-Dmc)

スポンサーリンク



 

エアロスミスの同名曲をヒップホップの元祖といえるだろう、RUN-DMCがカバーしたラップナンバー。

86年のビルボードチャートで全米4位まで上った。

収録されたアルバムも200万枚以上の売り上げを記録。

当時ちょうど洋楽PV番組にはまっていた中学1年の頃で、学校から帰宅後、いつものようにテレビのスイッチをつけたところ、このビデオが写っていた。

ちょっとしたドラマ仕立てのPVに流れるノリのよい曲。

 

youtu.be

 

「おお、格好ええやん!」

 

それまでバラードやポップスしか馴染みがなかったので、初めて聞くラップというやつに思わずシビれてしまったのだ。

歌うのは当然、黒人グループ・・・・と思いきや、いきなり妙な顔をした白人ロッカーが画面上に!

しかも口が異常に大きく、表情も不思議に動物的!!

せっかく格好いいラップを聴けると思っていたのに、と言葉も無く「むむ・・」と唸っていたところ、それまで争っていたラップグループと白人ロッカーが、ラストに互いに歌いあうシーンに・・・

そして・・・


めっさ、クールやねん!!


最初のシビレがハーフとしたら、今度のシビレはハーフ&ハーフになった瞬間!

さきほどのセリフがやしきたかじん風であることをお許しあれ。

とにかくそれほど格好良かったのですよ、この二つのセッションが!

すでに賢明な洋楽ファンの方々ならお気づきだと思うが、当時の僕はエアロスミスというバンドを知らなかったのだす。

洋楽ファンで彼らを知らないというのは、笑点を知ってて、歌丸を知らないのと同じレベルということ。

それまで僕は普通のポップミュージックしか聴いておらず、ロックのジャンルは全くの未開拓だったため、誰もが知ってる超有名なロックバンドの名前はもちろん、バンドの顔さえも当然アンノウンなのでした。

この曲はエアロスミスの歌だったということを知ったのも、結構後のこと。

高校のときにガンズにはまるまで、この歌はRUN-DMCの曲で、それをあの〇ル顔のロックバンドがカバーしてたのだという、当人達にはもちろん、バンドのファンならびに真摯な洋楽ファン全般に対しても、大変失礼な勘違いをしておりました。

まったく無知というのは恐ろしいものであります。

関係者の方々には誠にすんまそん。

それにしても向こうのファンは、最近のミュージックシーンにたいして辛らつですね。動画のコメントで、

「俺たちのころは良質なものばかりだったよ。それに引き換え、最近の音楽ときたら屑ばかり・・・・それを聴いて喜んでる若いやつらも、音楽同様にクラップだぜ!」

みたいな、上から視線のご意見が多いこと。

僕もそう思わないでもないけど、昔だってクラップな歌が一杯あったんだから、一概に今のシーンがダメってことないでしょうに。

広い心で音楽を楽しんでいきたいものです(しみじみ)  

Rock and rap were encountered with each other at this time. So funky tune.

 

おすすめ記事 

yougaku-youga.hateblo.jp 

yougaku-youga.hateblo.jp 

yougaku-youga.hateblo.jp