洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


サザンロックで全米制覇!ブラック・クロウズのその後と解散劇(The Black Crowes and after that...)

スポンサーリンク



 

アメリカのサザン系ロックバンド。

デビューアルバム「シェイク・ユア・マネー・メイカー」で成功を収めた後、セカンドアルバム「サザン・ハーモニー」で彼らの出身(ルーツ)である南部ミュージックをフューチャリングし、全米チャートで一位に輝いた。

ちょうどこの頃高校生で、ロックに目覚め始めたころでもあったので、こういう乾いた感じの音楽は個人的に衝撃だった。

それまで聞いてたポップス音楽や、同じロックでもガンズやモトリークルーとは違う、何か泥臭い香りを醸し出すサウンドがカルチャーショックだったのだ。 

Remedy

Remedy

  • The Black Crowes
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

これで一気に彼らの音楽にハマった私は、続く3thの「アモリカ」も購入、それまでの比較的軽めのサザンサウンドだったのが、より濃い~ノリに変わったのには驚いたが、それでもこのアルバム収録の「P 25 London 」なんかはすごく良くて、何度も聞いたものだ。 (アルバムジャケはなかなか衝撃的だった)

2010年の現在も、バンドはまだ活動を続けているらしいので、泥臭いけどどこか垢ぬけてオシャレなサザンブルースサウンドを、変わらずこれからも提供し続けてほしいと思う。

 

ブラック・クロウズの経歴とその後(2016年10月に追記)

 

数年前に書いたときには加えなかったバンドの経歴と、その後の情報を追記しておこうと思う。

 

クリス・ロビンソン(ヴォーカル)とリッチ・ロビンソン(ギター)の兄弟を中心に結成された、ハードロック、ブルースロック、サザン・ロックを基調としたバンド。
1990年にアルバム『シェイク・ユア・マネー・メイカー』でデビュー、セカンド・アルバム『サザン・ハーモニー』で全米1位に輝いた。

その後も『アモリカ』『スリー・スネークス・アンド・ア・チャーム』と順調にアルバムをリリースし、1999年にはジミー・ペイジと共演してレッド・ツェッペリンの曲を中心にセッションを行った。(「ライブ・アット・ザ・グリーク」)

しかし2002年には活動を停止。それぞれのメンバーがソロやプロジェクトを開始する。
2005年に再結成を果たし、2010年までに記念アルバムを含む4枚のスタジオアルバムをリリースした。

2015年にバンドの管理権を巡ってロビンソン兄弟の関係が悪化したため、同年1月に正式に解散となった。

(参考サイト:ブラック・クロウズ - Wikipedia

 

解散してたと知って驚いた。

最初にこの記事を書いたとき(2010年ごろ)は再結成を果たして「お~まだ頑張ってたんだなー」と青春時代に彼らを聴いて過ごした一ファンとして非常に嬉しく思ったものだけど、やっぱり最後はこうなるのかと、少し落胆した。すごくいいバンドだったのに。

なんとなくだが、ボーカルのクリスがガンズのアクセルと被るイメージがあって、非常に繊細でアーティスティックでこだわりがある反面、そういうタイプの人間にありがちな、自他に厳しい一面がバンド運営に出ていたのかなと思ったりもする。

なぜ解散にいたったかは、バンドの共同創立者であった弟のリッチが自身のフェイスブックで声明を発表しているようなので、興味のある方はそちらをご覧いただきたい。

 

www.jambase.com

 

上の記事を要約すると、

 

長年に渡ってファンや関係者の皆さんに支えられてきたブラック・クロウズは、これをもって正式に解散します。兄であるクリスが私の持つ共同管理権の放棄と、28年にもわたってバンドの正式ドラマーとしてバンドを支えてきたスティーブの持つすべての権利を放棄し、一雇用者として扱うよう求めてきたことに同意できなかったためです。

 

となっている。(訳文は私が訳したので、語彙などに誤りがあればお許しを)

まさにガンズのアクセル状態。

アクセルもバンドの所有権を法的に独占して、かつての仲間だったオリジナルメンバーを雇用下におこうとしたことが、オリジナルバンドの崩壊を招いた一因とも一部では言われていて、もしこれが本当であるならば、ブラック・クロウズの解散に至った経緯も、同じ轍を踏んだといえるのだろう。

思えば、昔よく見ていたリアリティTVの「アメリカン・チョッパー」でも、最後の方は創設者の親父さんと息子が株式の所有権を巡って法廷闘争にまで発展していたことがあったりして、有名になった集団にはありがちなロイヤリティとか権利を巡る醜い争いというべきなのだろう。

現在はそれぞれがソロとして活動を再開しているようで、クリスは「クリス・ロビンソン・ブラザーフッド」で、リッチはソロで、スティーブ・ゴアマンは、「トリガー・ヒッピー」というバンドで音楽活動を続けているようだ。

クロウズ時代の味のあるサウンドがそれぞれに継承されてることを願いつつ、気が向けばまた彼らのアルバムをレビューしたいと思う。

 

The Chris Robinson Brotherhood

 

Rich Robinson

 

Trigger Hippy

 

 

おススメ記事

美人過ぎるパワー・ボーカリスト!グレイス率いる、グレイスポッター・アンド・ザ・ノクターナルズ「パリス」(Paris / Grace Potter and the Nocturnals )

キッドロックの爽やかなサザンロックに泣いた「パープル・スカイ、ウェン・イット・レインズ」(Purple sky, When it rains/Kidrock)

南部サウンドが熱すぎるジョン・クーガー・メレンキャンプ「ペーパー・イン・ファイアー」(John Cougar Mellencamp)