洋楽い~じ~らいど

洋楽、邦楽、映画、本、デジタル関係、ガンズ・アンド・ローゼズ、スターウォーズなどのレビューを取り扱っております。 Music, movie, book, toys, degital device, Guns and Roses and StarWars.

スポンサーリンク


偉大なるアーティスト、デビッド・ボウイの「ブルー・ジーン」 (Blue Jean / David Bowie)

スポンサーリンク


 

84年発表のアルバム「tonight」からの先行シングル。
リリース早々に大ヒットとなったこの曲は、日本のCMにも使われた。(多分ノエビアだと思う)
僕自身がこの曲を始めて聞いたというか、見たのは、例のpopベティハウスでのミュージックビデオが初見だった。

この番組で初めて見たビデオが多分これであり、デビッドボウイのことなど全然知らない小学校5年生だったためか、「なんだ?このキレのある格好いいおっさんは?」との第一印象だったように思う。

 

youtu.be

  

1947年にイギリスで生を受けたデビッドボウイは、さまざまなバンドに加入・脱退を繰り返して、60年代にジギースターダストなるコンセプトアルバムで一躍スターダムへと躍り出る。
その後も一連のコンセプトアルバムでヒットを飛ばし続け、80年のアルバム「レッツダンス」がアメリカでメガヒットとなったことで、それまでのカルトスターから「ポップスター」へと変貌を遂げた。
今日の曲はボウイの16作目「Tonight(トゥナイト)」からのシングルカットであり、そのポップスターぶりを存分に見せつけた一曲である。また作詞作曲を自身でこなしたこと、ボウイ自身もビデオ中にインド衣装に実を包んだモデル風のキャラクターと、ブルージーンなる女性を口説こうとする普通のサラリーマンの二役を演じたりと、俳優業でも音楽家でも最も脂の乗り切った時期を感じさせる作品だった。

 

2004年にアルバムを発表して以降は、音楽活動を休止中で、現在は自宅でアート製作に打ち込む日々を送っているという。それにしてもこの人ほど、各方面に影響を与えているアーティストはいないのではないだろうか? 特に同業者で影響を受けている人はかなり多いと聞く。
その数は無数だが、特に日本人では、かのボウイのギタリスト布袋寅袋さんが、めちゃデビッドのファンだというのは周知の事実だろう。(ボウイのバンド名もこの人から来ているという)  

後年、来日公演していたデビッドのライブに呼ばれた布袋さんは、共演したときの模様を自身の伝記でこう語っている。 

yougaku-youga.hateblo.jp

 

「招待された楽屋で一緒に見た、意味不明な芸術系のビデオの映像を「これ面白いよね」と笑ったデビッドを見て、”ああ、やっぱりこの人は本当の意味でアーティストなんだな” と感じたよ」

笑いかけられたときの布袋さんの困った表情が目に浮かんでしまう、実に微笑ましいエピソードなのだが、たしかにボウイの初期のコンセプトツアーの衣装やメイクは意味するところがさっぱり分からない(笑)芸術家というのは彼のような人のことを指して言うのだろう。

ちなみにそのアーティスティックな血は、彼の息子に確実に受け継がれているらしく、ダンカン・ジョーンズ(デビッドの長男)は映画監督だとか。やっぱり血は争えないのだ。

 

 

ダンカン・ゾウイ・ヘイウッド・ジョーンズ
1971年、デヴィッド・ボウイ(本名:デヴィッド・ロバート・ジョーンズ)と最初の妻である元モデルのメアリー・アンジェラ・バーネットの元にケントで生まれる。幼少時はゾウイ・ボウイ(Zowie Bowie)の名でメディアに親しまれた。(wikiより)

 

親子そろってのアーティスト稼業。どうかいつまでも新たな刺激と創造物を共に生み出し続けてほしいと思う。 

 

追記:2016年1月


1月10日にデビッド・ボウイ氏が亡くなった。一年半の闘病生活末のことだったらしい。69歳だった。 

yougaku-youga.hateblo.jp 

巨星がまた一つ散った。

一つの時代もまた過ぎ去る。 

偉大なるアーティスト、デビッド・ボウイに哀悼の意を。

*ブログを訪れた方から「記事の冒頭に貼っている写真はいつのものか」というコメントを頂いた。

記事を書いた当時にネット上で出回っていた画像から直感的に選んだものなので、一体いつの時代の物なのか、どのアルバムのものなのかなど見当がつかなかったのだが、いろいろ調べてみると、どうやら1976年のアルバム「station to station」の頃のものだということが分かった。 

レビューを見れば、このアルバムはボウイ史上最高傑作との呼び声も高い。

感性的に最も研ぎ澄まされていた時期のものなのか、楽曲の一つ一つや、ソリッドなルックスも、触れれば切れるような危うさを持っているように見える。

そして何より美しい。

まさに性を超えた魔力を持つ永遠のカリスマスターだ。

死してなお、私たちのヒーローでい続けていてほしい。

This video was the first material to know the "David bowie" himself. That was my elementary school day's, and his cool&beauty looks gave me strong impression then.

 

関連記事

yougaku-youga.hateblo.jp  

yougaku-youga.hateblo.jp  

yougaku-youga.hateblo.jp