読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽メモランダム

洋楽メインの音楽レビュー、映画の感想、電子書籍、デジタル関連グッズの情報を取り上げていきます。 Review about music, movie, drama, books, Digital devices!

スポンサーリンク


ミッキー・ロークがクールすぎる!ハーレー・ダビッドソン&マルボロマン(Harley Davidson & Marlboro man)

スポンサーリンク

 

1991年度作品。

ミッキーロークが衝撃のプロボクサーデビューを果たす直前の映画である。

「ナインハーフ」でセクシー男優の地位を確立したロークと共に、これまた男ぶりの良いセクシー男優として名高いドン・ジョンソンが、この映画でツートップなセクシーな共演を果たした。

 

 

さすらいの遊び人二人がたまたま見つけた大量の麻薬を巡ってギャングと大暴れ!と、おそよ70年代の文太&欽也withトラック野郎シリーズのようなB級作品ストーリーであり、中身という中身はほとんどない。

ただ二人の主演男優と彼らが乗るバイクの格好よさは飛びぬけており、当時高校生だった私はこの映画で「絶対にハーレー乗ってやる!」と心に固く誓ったものである。(数年後に見事その夢を果たした。ただハーレーではなく、国産アメリカンバイクだったが。)

 

 

オープニングに宿で美女に別れを告げるところや、ガソリンスタンド強盗をぶちのめすシーン、はたまた荒野をバイクで疾走するシーンなど、とにかくロークのファッションや立居振舞すべてがクールに思えたものだった。

 

とくに印象的だったのが、久しぶりに出会ったドン・ジョンソンと二人でビルの屋上で語り合ったとき。

 

「今までどうしてたんだ?」

 

「人生について考えてたよ」(I've been thinking about my life)

 

今思うと臭すぎるセリフだが、今より数段青臭かった当時の私は、ロークのこの台詞に思い切りしびれてしまったのだ。その後友人と出会うたびにこの台詞『人生について考えてたよ』を乱発して、皆からひんしゅくをかったのは言うまでもない。

 

 

ほとんどミッキーロークのプロモーションビデオのような内容と化したためか、その後続編が作られることはなかったのだが(ローク自身がプロボクシングに転向したのもある)、バイカームービーとしてはほぼ最高峰だと言えるほど、自分の中でハーレーの格好よさを認識させてくれた作品でもある。個人的には再びロークによるパート2を制作していただきたいと思っている。最近は続編ブームだしね。

 

この映画のさらに一昔前に「イージーライダー」というバイカームービーの元祖のような作品があったのだが、これはこれですごく傑作だったと思うのだけど、ハーレーの魅力を引き出したという意味では、ロークの本作品に及ばないと思う。

   

ただサントラに関しては「イージーライダー」が「ボーン・トゥ・ビー・ワイルド」、「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」が「ウォンテッド・デッド・オア・アライブ」と、どちらも甲乙つけがたいベストフィットチューンとなっているのだ。

 

Born to Be Wild

Born to Be Wild

  • ステッペンウルフ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Wanted Dead or Alive

Wanted Dead or Alive

  • ボン・ジョヴィ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 
アメリカの荒野には美女とバイク、ロックが良く似合う!

 

  

I think this movie is the best harley davidson's drawing as ever.

楽天市場

 

関連記事

yougaku-youga.hateblo.jp 

yougaku-youga.hateblo.jp

yougaku-youga.hateblo.jp