洋楽い~じ~らいど

動物好きブロガーによる洋楽·映画系レビューブログ。Review about music,movie,degital, and cute animals

スポンサーリンク


伝説のジャズドラマー、チコ・ハミルトンに捧げます「For mods only」(Chico Hamilton)

 

1966年「The Dealer」からの一曲。

同年にラリー・コリエル、リチャード・デイビス、アーニー・ロウレンンスらとニューバンドを結成した。

1955年の「Chico Hamilton Trio」から始まったキャリアが、2011年の「Revelation」の現在まで続いているというのだから、実に息の長いミュージシャンである。 

For Mods Only

For Mods Only

  • チコ・ハミルトン
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

なんといっても今年(2012年)で91才であり、90を越えてなおドラムを叩き続けるその根性はまさに「太鼓爺い」の名に恥じないあっぱれなものだ。

・・・といいたいところだが、実はこの記事を編集しようと彼のことを再び調べていたら(2014年1月現在)、去年の秋に亡くなっていたことが分かった。2013年の11月25日に老衰のため自宅で亡くなっていたという。享年92才だった。 

tower.jp 

タワーレコード・オンラインによると、2013年10月には長年のパートナーであるユーフォリア・アンサンブルとのアルバム『Inquiring Minds』(2014年初頭に発売予定)を録音していたらしく、まさに死の直前までドラムのスティックを握っていたということなのだろう。 

耳に優しくソフトなFor mods onlyを聞き、心地良いリズムゆっくりと時が流れていく感覚。

まるでこのまま軽い探偵小説でも読みながら、コーヒー片手に明け方の読書としけこみたい・・・

そんな気持ちにさせてくれたハミルトンのドラミング・・・・

それが聞けないことになるとは、なんとも残念で仕方がないと思う。 

最近このブログの過去記事編集のためにアーティストの最新情報をチェックしていたのだけれども、一人のブログ記事アーティストが亡くなっていることを知って、とても驚くと同時に「時代が変わっていくんだなあ・・」と記事の書き換えを行いながら、しみじみ感じ入ってしまった。 

心からのご冥福をお祈り申し上げます。 

Nice jazz musician. I'm sorry for losting one of the greatest jazz drummer...R.I.P.

 

おすすめ記事

安らかな眠りを・・ユセフ・ラティーフ「スリッピン&スライディン」 (Slippin' & Slidin' / yusef lateef)

東京フィルハーモニーがオリヴァー・ネルソンに与えた音楽的衝撃!「ストールン・モーメンツ」(Stolen moments/Oliver Nelson)

ビバップの功労者、ディジー・ガレスピーのスウィング・ロー・スウィート・キャデラック(dizzy gillespie /swing low sweet cadillac)