読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽い~じ~らいど

洋楽、映画、本やおもちゃ・雑貨などのレビューをお送りします。Review about music, movie, drama, books, Digital devices!

スポンサーリンク


トム・クルーズの「オブリビオン」鑑賞レビュー(Tom Cruise's ”Oblivion”)

スポンサーリンク


  

あらゆる場面が実に美しい。

荒廃した地球と未来的建造物とのコントラスト。 

特に前半は、それらを観ているだけでも心地良い。

透明底の空中プール最高。 

 

某有名映画レビューサイトに寄せられた、一般レビュアーの方の一文である。

個人的にはこの映画の感想はこの一文に帰せられるように感じるのだが、このままこれを載せて終わったのでは、単なる他人レビューのパクリブログになってしまうので、とりあえずこれ以外の、その他いろいろの個人的な鑑賞点を縷々と述べていきたいと思う。

監督はジョセフ・コシンスキー。

トロン・レガシーでデビューを飾った監督による、SF近未来アクション作品である(ウィキではスリラー作品になっているようだが)

トロンを撮ったということからわかるように、映像は非常にシンプルで美しい。

監督自身がスタンフォード大学工学部機械工学デザイン科を卒業していることから、マシンや建物の構造物など、とても素晴らしく人工的に洗練されて描かれている。

 

 

この映画を観終わったとき、予想外なプロットの完成度に「きっとSF小説の原作を映画化したんだろうな」と思っていたら、調べてみると映画用に書かれたものであることが分かり、少々驚いた。

素人的には、ちゃんとしたプロの作家の書いたベストセラーでないと、しっかりした世界観が描けないみたいな感覚があったのだけれども、よく考えてみれば「スター・ウォーズ」も映画用に書かれた脚本を元に撮影されたものだから、人気ノベルでなくとも、力量のある作家が書けばそれなりの作品には仕上がるというのは当然というものなのだ。

さきほど書いた「予想外のプロットの良さ」というのは、本当に映画館で鑑賞しながら感じたことだ。予告編のトレーラーを見てもらえればわかると思うが、一見して最近はやりの、

 

地球外生命体が襲ってきて危機一髪!

でも俺様が最終的にぶっとばすから、地球のお前らは心配せずにポップコーンでも食べて寝てろシルブプレ!

風の分かりやすいヒーロー娯楽大作ものの匂いがプンプンしていたのだが(ストーリー的には大まかには実際その通りなのだが)、実際に見ていくと、それ以上に物語の丁寧な作りこみにほほうと感心してしまうところが多かった。

 

 

ストーリー展開の随所随所に様々な伏線を張り巡らせ、それを徐々に手繰り寄せてひも解いて事の真相が明らかになっていく様はなかなか圧巻というべきか。

もっとも、その手の推理サスペンス映画ものほど巧緻なプロット構成が練られているわけではないので、その辺はあくまで話題のSF大作ものとしては、という前提つきだが。

なぜトムクルーズ演ずるジャックが相棒のヴィクトリアと二人きりで地球を監視しているのか、ヴィクトリアが本部と連絡を取り合うときに暗号のように口ずさむ「二人は最高のチームよ」という言葉の意味と結果、そして二人の関係が終焉を迎えたときにヴィクトリアがとった行動、さらにはジャックの脳裏にフラッシュバックする美女とその過去などなど・・・

色々と憶測してしまう伏線が映画の中に満載しているのだが、個人的に最も衝撃的だったのは、途中でジャックが砂漠地帯で出会ったもう一人の監視員と、その後だろう。

これは映画のラストに関係するのでこれ以上は述べないが、このへんの伏線の張り方には正直意表をつかれた。

 

意外な配役に・・・

 

脳裏に浮かぶ美女がだれであるかなどは、だいたい映画を見ていくうちになんとなく分かってくるものなのだし、本部から指令してくる女性とその背後の黒幕が何者であるかなども、SFものや小説をよく見ている人なら途中でピンとくるものなのだ。 しかしジャックとヴィクトリアが実は・・・・

それは先ほどのもう一人の監視員の存在にかかわってくるのだが、ジャックがいつも目にしていた二人の恋人写真が、実はリアルなヴィクトリアがかつて意図的に撮らせたものだという、男と女の微妙な機微を描いた細やかな演出に心がキュンときた。

 

 

トム・クルーズのジャック役は相変わらず「トム・クルーズが演じるジャック」という感じ。以前にこのブログで「アウトロー」というトム・クルーズ主演のハードボイルド作品をレビュー記事で書きましたが、あのときもたしか主人公の名前がジャックでした。ジャックが好きなんですね、トムは。

 

yougaku-youga.hateblo.jp

 

しかしどんな映画でどんな役を演じても、トムクルーズはトムクルーズのままなトム・クルーズプロモーションムービーの批判を受けても、やっぱりこの人の出る映画は見入ってしまうんですよね。 

トムやスタッフが、トム・クルーズという俳優の魅力を最大限に引き出す作品や演出を意識して選んだり作ったりしていることは確かなのでしょうが、ほかのハリウッド俳優と比べてもアクが少なく、鑑賞に堪えうる演出を長年続けてこられている背景には、やはりトム自身の言葉と動作の明快さが、大きな要因になっているように思います。

 

 

言語障害を生来持っているといわれているトム・クルーズは、字が読めないために(現在は克服しているようですが)、脚本のすべてを音で暗記するのだとか。

ゆえに音に敏感になり、自らも音を明瞭に表現しようとするのが無意識化に行われて、さらにそれが動きの端々にも影響しているのではないかと。

あのキビキビした動きとすべてにひたむきな演技が、身体的な障害のみならず、少年時代からの恵まれなかった家庭環境から生まれたものではないんじゃないかいうのは、あくまで一ファンとしての私の勝手な推測でございます。 

心に残る登場人物たち

 

トム演じるジャックの心の恋人でヒロインのオルガ・キュリレンコです。

 

 

ダニエル・クレイグ版007の「慰めの報酬」でもヒロインを演じていた女優さんですね。本作品「オブリビオン」では特に印象の残る女優さんではありませんでしたが、最後に娘と渓谷の森で静かに暮らすシーンは非常に心に残るものがあった。

なにがというわけではありませんが、なんだか洗いざらしのチェック地のシャツがとても素朴な魅力を醸し出していて、なんだか心が休まる優しさが全身から溢れだしていました。

 

私生活では、ウクライナ出身で、16歳でフランスに渡ってモデルとして活躍した後、2005年に「薬指の標本」で映画デビューし、2008年に「慰めの報酬」でボンドガールに抜擢。ウクライナ語、ロシア語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語の6か国語を操る才女のようです。

 

次は準ヒロインともいうべき、アンドレア・ライズボローです。

 



この人の顔面アップはまさに「近未来の美人」というべき機能美が画面から溢れだしておりましたね。 簡素で無駄がない。

 

メイクや画像処理で演出しているのでしょうが、かといって無機質かというとそうでもない。 サイボーグのような人工美のなかにわずかに見え隠れする人としての危うさ。


結局、最後にはその危うさゆえに破滅してしまうのですが、それとて彼女のオリジナルが持っていた禁じられた愛による女としての哀しさだったような気がします。

英国ウィットリー・ベイで中流家庭に生まれ、17歳でインデペンデント・スクールを中退して王立演劇学校に進んでいます。在学中と卒業後に様々な劇やテレビドラマ、映画に出演して確固たる地位を築いているようですね。

 

 

ライズボローの黒髪バージョンです。しかし髪の毛の色を変えるとずいぶん印象がかわるもんなんですね。まったく別人そのもの。いやー、女は怖いっす!

 

そして最後は当然この人、モーガン・フリーマン。

 

 

「ドライビング・ミス・デイジー」で一躍世界のトップスター入りしたモーガンは、彼の出た映画で外れはないといわれるほど名脇役の重鎮としてハリウッドで広く活躍してきています。

本作では謎のレジスタンスのリーダーとして描かれていますが、実際にその出演時間はわずか。しかし役どころの重要さは主役のトムクルーズ以上といえるかもしれません。

インディペンデンス・デイのようなクライマックスシーンではまさに男の中の男と言える最期を飾られたフリーマンでしたが、この「あっ!」と思わせる最期とそれに至るトム・クルーズの深謀遠慮というべきか、優しさがなければ、この映画はただのお涙頂戴ヒロイックSFファンタジーに成り下がっていたでしょう。

私はフリーマンの最後のシーンを見て、この映画をレビューする気になったといっても過言ではありません。こういう最期は好きです。そして憧れますね。願うなら最期は笑顔で。そして「ざまあみやがれ!」と、ワインを傾けながら倒れていきたいものです。

 

最大の魅力は映像美

 

この作品の最大の特徴である近未来と自然の映像美が非常にマッチしているところだと思います。


特にヴィクトリアとジャックが食後のひとときを監視タワー付属のプールで過ごすシーン。 プールの外壁はすべて未来の透明な素材で作られており、はるか上空に位置する監視タワーの真下に広がる雲や大空が二人の泳ぐプールの向こう側に透けて見えます。 まるで空の中で泳いでいるかのように・・・・

 

 

ほかにもタワー内部のデザインやコンピュータルームの機能美、そしてトムが操る近未来ミニヘリコプターの格好よさ。まるでコンピューターゲームの主人公になったような感覚で、映画の画面に映し出されるヘリからの風景や流動美が男の心をくすぐりまくります。

 

 

個人的に気に入ったのは、近未来バイク。 ヘリに収納されているジャック愛用のバイクで、真っ白な車体がまさに近未来そのものです。

 

 

もともとはホンダのオフロードCRF450というオードバイを映画用に改造したようですね。 こういうバイクに乗ってあちこちを駆け回ってみたい。どこまでも限りなく走り抜けそうです。

土星に送る水を吸いだす給水タンクを防衛するドロイドも良かった。

 

 

味方のうちは非常に頼れる相棒なのですが(それでも修理すると愛想なく飛び立ってしまうところが、ジャックにも不評だったようですが)、いったん敵に回すとこれほど恐ろしいロボットはいない。

ターミネーターのアンドロイドも怖かったですが、球体でどこでも飛び回れるドロイドの破壊力抜群なレーザービームは、それをはるかに上回る圧倒感がありました。

 

レビューのまとめと映画の背景

 

最期の敵は映画をみるまでお楽しみなのですが、まあ途中でたいていの方は気付かれるかと思います。 しかしそれで飽きがくることはなかった。

むしろ謎は謎のまま残しておく描き方は見るものに想像する余地を与えてくれるようで、私としてはそういうスタイルは嫌いではありません。ラスボスもそう。異星人スカブァもそう。まあ見たままなんですがね。

圧倒的な映像美と丁寧に描かれたプロットと伏線の数々。

そして男らしい爽やかな最期・・・

これだけでも決して見て損はしない作品だとおもいます。

とにかく鑑賞後の爽快感は久々のものでした。

youtu.be

 

 

新作も名作も

↓↓

 

Beatiful movie. I like its view of the world.

 

おすすめ記事

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の秘密は”知の蓄積”にあった!(Tom Cruise's "Edge of Tomorrow")

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』鑑賞レビュー!(”Independence Day: Resurgence” review!!)

『ミッション・インポッシブル:ローグネイション』 戦う女は美しい!(Mission impossible:Rouge nation)