洋楽い~じ~らいど

動物好きブロガーによる洋楽·映画系レビューブログ。Review about music,movie,degital, and cute animals

スポンサーリンク


ジョン・ル・カレの「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」そして「裏切りのサーカス」 (TINKER TAILOR SOLDIER SPY)

 

英国の小説家ジョン・ル・カレの代表作。

ル・カレは実際の元英国諜報部員で、その経験を元にした巧緻かつ練りに練られたプロット、そしてリアリティ溢れる設定が特徴的。 

小説で描かれている、主人公のジョージ・スマイリーの平凡らしい風貌(これはもっぱらドラマ版と映画版の影響が大きい)と穏やかな物言いが、スパイらしくないというところが、刑事コロンボのそれと非常によく似ていると思う。 

コロンボと同様に、鈍い切れ味と見せかけて徐々に網を手繰り寄せていく執念と繊細さ、穏やかな物言いながらも、確実に相手を追い詰めていく凄腕の説得手腕。 

これらがのギャップが、スマイリーシリーズの時代を越えた欧米スパイ小説ファンの心を掴んで離さない魅力なのではないだろうか。 

私はこの小説の前に「裏切りのサーカス」という映画を見たのだが、小説を読んでみると、映画のそれはポイントをかいつまんで、まとめたに過ぎない出来栄えだということが分かった。もちろんそれで映画の良さが失われるというわけではないが・・・(映像と音楽は素晴らしかった)

冷戦下のイギリス諜報部サーカスで権力闘争が起きた。

 

 

それまでサーカスを牛耳っていたコントロールが失脚し、アレリンとその一党がサーカスの新たな主人となったのだ。

 

 

コントロールの右腕だったスマイリーは、上司の失脚のあおりを食らって自らも辞職することになる。

 

 

その一方で新たなるサーカスメンバーの中に”もぐら”と呼ばれるソ連のスパイが入り込んでいるとの情報が政権上層部に入る。

 

 

引退していたスマイリーは次官に呼ばれ、隠密裏での内偵工作を依頼される。

 

 

そこで得た情報と事実は驚愕すべきものだった・・・・

 

映画では主人公スマイリーをゲイリー・オールドマンが演じており、平凡な雰囲気を醸し出しつつも、繰り出す推理や行動力はまさに冒頭のコロンボを彷彿とさせていた。

よく練られているし、出てる俳優陣も豪華で、映像も演出も大変素晴らしかったので、見ごたえがあるのはすごく確かなのだけど、いかんせん、小説の濃い内容を90分かそこらの一本の映像作品に収めるには尺が足りなかったのか、全体的には未消化の感があった。というか、

 

一度見ただけでは、何が何だか分からない

 

というほうが正確だろうか。 

登場人物の複雑さとプロットのこんがらがり感、そしてラストシーンでの意味深げな見つめ合いは、見るものによっていろいろな解釈ができるんじゃないだろうか?と。

 

 

2度3度とみて、ようやく意味を解したつもりになるも、これとて正解なのかどうか良く分からない。後に小説を読んで「ああ、なるほど」と理解したほどだ。読み込み方が間違えてなければ、たぶん私の想像するラストの意味はこうなんだろうなあというのはあるのだが・・・ 

yougaku-youga.hateblo.jp 

映画の挿入歌やBGMは本当に良くて、どれもシーン・シーンにぴったりなものばかりだった。中でもラスト付近のBGMは秀逸で、前回の記事で取り上げたくらいだ。 

yougaku-youga.hateblo.jp 

センス良い選曲は映画の出来を格段に上げるので、その意味でこの映画は本当に力を入れて作られたのだな、と強く感じた。問題は原作の世界観があまりにも大きすぎたがゆえの収まらなさ加減なのだ。 

小説の映像化に関しては、「裏切りのサーカス」が初めてではないようで、1979年に放送された英国BBCの同名ドラマが先行してる模様。 

 主人公スマイリーはあの名優アレック・ギネス(スターウォーズの初代オビ・ワン・ケノービを演じた)が演じたというから、かなり本格式のスパイドラマに違いない。

 

 

アレック版のスマイリーを動画でちらりと見たが、小説のイメージはアレックのほうに近い。紳士的な雰囲気がぴったりというか。ゲイリーも映画ではいい演技をしていたが、いかんせん「レオン」や「シド・ヴィシャス」のイメージが自分の中では強すぎるので(笑)、伝統的な英国スパイの役柄にほんのり違和感を感じてしまった。でも変なイメージがなければ、十分素晴らしい配役だったと思う。

 

 

映画版では諜報部主催のパーティーで、当時の主敵であったソ連国歌を、レーニンに扮した何者かが音頭をとって皆で合唱するシーンがあったが、このシーンになんだかすごく心を奪われてしまった。

ロシア国歌の素晴らしさというのか、唱歌するのにこれだけ魂が震える歌というのは、世の中そうはない。それも国歌でだ。いい旋律、いいメロディーというのは、時代も国境も軽く越えて人の心に響いてくるもんなんですね。

 

 

ちなみに写真の右側で立っているおじいさんが原作者のル・カレ。今このブログ記事を書くのに調べていて初めて知った驚愕の事実である(笑)いったい映画見てから何年経ってるねんと(笑)ほかにも出演者と握手してる写真もネット上で色々上がってて、原作者ならではの映像化への思い入れというのがあるんでしょうね。 

英国はスパイ小説が盛んなお国柄であるが、こういうスパイものは、実在する諜報組織が宣伝活動の一環として、積極的に情報を開示して元諜報員の作家や、一般の作家に書いてもらっているということを何かのメディアで聞いて知った。

007シリーズのフレミングや、このル・カレはもちろんリアルな元諜報員なので、小説として公表する裏世界の情報も十分に把握したうえで世に送り出しているのだと思うけど、そうやって考えると、「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」で描かれたスパイの内情は非情なほどに現実に即しているのだな、と改めて本の内容の奥深さに感心させられた。

 


映画『裏切りのサーカス』予告編

John le carre's best seller novel.  I like the scene the man wearing lenin's mask is waving and singing russian anthem ahead of everyone.

 

おススメ記事

 

『コードネーム U.N.C.L.E.』は『世界の法と秩序を守る国際機関』のこと!(The Man from U.N.C.L.E.)

デンゼル・ワシントン版・必殺仕事人ぶりにシビれる!『イコライザー』(Denzel's equalizer )

ダニエル版007『スペクター』で原点回帰したジェームス・ボンドとその仲間たち(Spectre)