読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽メモランダム

洋楽メインの音楽レビュー、映画の感想、電子書籍、デジタル関連グッズの情報を取り上げていきます。 Review about music, movie, drama, books, Digital devices!

スポンサーリンク


ジャック・ジョンソンの『ベター・トゥギャザー』は波の音と爽やかなビーチに良く似合う (Jack Johnson)

スポンサーリンク

 

ハワイはオアフ島出身のミュージシャン、ジャック・ジョンソンの名曲。

2005年にリリースされた「In Between Dreams」からの一曲で、このアルバムは彼の3枚目の作品となり、 イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドといった英語圏で大ヒットを記録した。

 


Jack Johnson - Better Together (Live In Paris)

 

1975年にハワイで生まれたジャック・ジョンソンは、有名なサーファーだった父親に教えを受けて、プロサーファーとしての一歩を踏み出すことになった。
しかし17歳の時に大けがを負い(額に150針も縫う傷と前歯を数本折る)、プロサーファーとしての道をあきらめることに。
その後、興味のあった映像や音楽の道に進み、カリフォルニア大学で映像を専攻。卒業後に製作した映像と、そこに使われたBGMが注目を受け、ミュージシャンとして活動を本格的に始める。
その後、ファースト、セカンドとリリースし、どれも全米で高い評価を受けた。(セカンドアルバム「オン・アンド・オン」はビルボード全米チャートで初登場3位) 

サードアルバム「In Between Dreams 」は最初に述べたとおり、英語圏で軒並み大ヒットし、そこでの一曲が私の心に深く残ったというわけだ。

 

Brushfire Fairytales (2001年)

On & On (Dig) (2003年)

In Between Dreams (Japan/UK Version) (2005年)

Sleep Through the Static (Dig) (2008年)

To the Sea(2010年)

FROM HERE TO NOW TO YOU (2013年)

 

前からジャック・ジョンソンの名前自体は知っていたし、曲もいくつかは友人の家に行ったときに耳にしたことはあった。

しかしそのときは特別心が動くことはなく、そのまま素通りした感があった。

最近、何気に耳にしたこの曲「ベター・トゥギャザー」がふと心に残り、聞き終わった後もその余韻が消えることはなく、ずっと頭の中で鳴り響いていた。

それは決して嫌な感じではなく、むしろ心地よい感覚というべきか・・・・

それと共にあるイメージが頭の中で浮かびあがってきたのだ。

静かに打ち寄せる波の音

遠くで聞こえる海カモメの鳴き声

頬を心地よく撫でる潮風の感触

気持ちが安らぎ、心や体の疲れが溶けていくような・・・・

 



疲れていたのかもしれない。

仕事や私生活で積もり積もった”何か”が、知らず知らずのうちに負担になって、どこかへ逃げ出したい気持ちがあったのかもしれない、とも思う。

そんなときにジャック・ジョンソンに再会した。もちろん音楽としてだけれども・・・・

思えば最初に聞いた当初は今より若く、何も考えずにまっすぐ進んでいけばいい時代だった。

疲れも知らず、悩みもないあの頃。

数年たってあらためて彼の曲を聞いてみると、本当に色々なことに気付く。

あわただしくすぎゆく時の流れと日々の暮らし。

せめてほんのひととき、心静かに時を過ごせたら・・・

ジャック・ジョンソンのアコースティックギターは”それ”を可能にしてくれる。

 

 

Whenever hearing this song, it always take me to the another level and feel me into the unknown beatiful world!

楽天市場

 

おススメ記事

ジョン・バトラーの使っているギターはやはりメイド・イン・オーストラリア!(John Butler plays by Maton's guitar!)

ジョン・バトラー・トリオ「トリート・ヨー・ママ」とサイキック青年団(John Butler Trio/Treat Yo Mama)

ジョン・バトラー・トリオの「ベター・ザン」は雄大な大地のリズム(John Butler Trio/Better Than)