洋楽い~じ~らいど

動物好きブロガーによる洋楽·映画系レビューブログ。Review about music,movie,degital, and cute animals

スポンサーリンク


オルガ・キュリレンコ、テリー・ギリアム監督作品に出演が決定(The Man Who Killed Don Quixote)

スポンサーリンク



007シリーズの「慰めの報酬」(2008)でボンドガールを、「オブリビオン」(2013)では主演トム・クルーズの相手役を見事に演じきった、ウクライナ出身の女優オルガ・キュリレンコが、テリーギリアム監督の「ドン・キホーテ」に出演が決まったよう。

 

 

テリー・ギリアム監督が、カンヌ国際映画祭で準備中の新作「ドン・キホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote)」にオルガ・キュリレンコ(「オブリビオン」「007 慰めの報酬」)が出演することを明らかにした。同作にはアダム・ドライバーと、モンティ・パイソンのマイケル・ペイリンが出演することが決定している。

ストーリーは、傲慢で肉欲にまみれたパブリシストのトビー(ドライバー)が、ドン・キホーテ(ペイリン)を下敷きにした学生映画を撮影した村を再訪し、自分の映画が村に悲惨な影響をもたらしていたことを知るというもので、ギリアム監督とトニー・グリゾー二が共同で脚本を執筆した。(映画.comより)

 

「慰めの報酬」では父親を殺されて復讐を誓う諜報員、「オブリビオン」では恋人を失った女性宇宙飛行士という、それぞれ過去に哀しみを背負った役柄を演じてきたキュリレンコだけど、それがまた似合うから、憂いのある妖艶な美女というのは悩ましいものだ。 

yougaku-youga.hateblo.jp 

yougaku-youga.hateblo.jp 

今回の「ドン・キホーテ」も、ストーリーが少し翳を持つようで、そこが前2作のキュリレンコの憂いを帯びつつも、したたかに強く生きる演技を期待しての監督のオファーだったのかもしれない。 

驚いたのが、この映画「ドン・キホーテ」はかつて16年もの間、監督が7度も映画化を試みつつも、その都度あきらめてきたという”いわくつきの”作品なのだということ。 

 

本作は、1998年から2014年までの間にギリアム監督が映画化を試みて7度挫折している曰く付きの作品だ。2000年にジャン・ロシュフォール&ジョニー・デップ共演で一度クランクインしたが製作中止へと追い込まれ、その顛末はドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラマンチャ」(02)として発表された。ギリアム監督はその後も、ロバート・デュバル&ジョニー・デップ、ジョン・ハート&ジャック・オコンネルを起用して製作に挑んだが、いずれも実現には至らなかった。(映画.comより)

 

 

2度の映画にジョニー・デップが絡んでいるというところも面白い。彼を使って2回も撮影を試みるなんて、よほど個性的な映画なんだろう。(今作でもデップはカメオ出演の可能性があるという)

代わりに今作の主演を演じるのが、あのアダム・ドライバー。

 

 

アダム・ドライバーといえば、「スターウォーズ/フォースの覚醒」でカイロ・レンを演じた若手俳優で、ダースベイダーに憧れつつも、今一歩踏み切れずにいる「中二病」な悪のジェダイを見事に演じきっていた。 

yougaku-youga.hateblo.jp 

そんなドライバーが今作で”傲慢で肉欲にまみれたパブリシスト”を演じるのだから、まさにスターウォーズに続く「屈折した男」第二弾!というべきか!

ただ本来のドライバーは正義感に熱い人柄のようで、高校卒業後に起きた「9・11テロ」を見て愛国心に目覚め、海兵隊に入隊して2年間在籍したというから、熱いハートと根性・気合は筋金いりなのだ。

 

 

一方で監督は、 

 

「ついに完璧なキャストを得た。ドライバーこそ私が長らく探し求めてきた男だ。『スター・ウォーズ』を神に感謝するよ。アダム・ドライバーはヒットが見込める役者だ!」(映画.comより)

 

と絶賛しているくらいなのだから、きっと頭の中に描いていたトビー役そのものだったのだろう。こうなると、あのジョニー・デップをすら超えたアダム・ドライバーの”トビー振り”を一日も早く見てみたい気がする!(きっとデップは役柄を演じるには年を取りすぎたのだろうと思う) 

そんな次世代のジョニー・デップともいうべきドライバーと、妖艶な美女キュリレンコの競演は、どちらも瞳に憂いと哀しみを湛えたもの同士として、きっと深遠な心の闇をスクリーン上に描き出してくれると強く期待。(これで映画がアクションものだったら、今日のレビューはすべて台無しだ^^;) 

ちなみにこのテリー・ギリアム監督は、有名なイギリスのコメディグループ「モンティ・パイソン」の元メンバーで、今作にもかつての仲間の一人が出演してるとか。

 

 

パイソン時代のシニカルなジョークが飛び出すのだろうかと、ちょっとばっかし楽しみにしてます。  

I'm  excited to know about adam driver starring as the leading role in the film and I really expect to watch his madness and evil act like Kylo Ren! 

 

おススメ記事

ハリウッド・ヴァンパイアーズが夏にツアーを予定しているとか(Hollywood Vampires planning to tour on this summer!)

トム・クルーズの「オブリビオン」鑑賞レビュー(Tom Cruise's ”Oblivion”)

ストロベリーが可愛すぎる!「007/慰めの報酬」(Quantum of Solace)