洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


ボーカリストにおススメ!音楽大学との共同開発で生まれた、カンロ「ボイスケアのど飴」(Mint candy for vocalist)

スポンサーリンク



音楽のジャンルを問わず、ボーカリストにとって”のど”のケアは何にも増して大切なこと。

先日、たまたま見つけたこのキャンディは、そんな世のボーカリストのために作られたといっても過言ではないと思われる一品です。

 

 

なぜなら、こののど飴は”音楽大学声楽科の教授と学生の声を聞きながら、何度も試作を繰り返してつくった「声を大切にする人」のためののど飴”だから!(原文ママ)

わざわざ音楽大学とコラボしたとはすごい!

カンロは今まで色んな「のど飴」を世に送り出してきましたが、ついにプロの領域にまで手を広げてきたかぁっ!

 

 

こうやって洋楽ブログを書いている以上、書いている自分としても、訪問してくださる方々にも、みな等しく音楽に興味があって、中にはプロ・セミプロ・アマチュアのミュージシャンもおられるはずです。

ミュージシャンの方がのどを気にするのは当然のこととして、音楽とは関係の無い仕事をしている自分にとっても、時々行くカラオケの腕を磨くために、また仕事中に歌う鼻歌の精度を上げるために、のどケア専用の飴の出現はかなりインパクト大なんですよ。

さらにいうと、来年明けに開催されるガンズ・アンド・ローゼズのコンサートで全曲をアクセルと共にフルスロットルで歌い上げるつもりでいるので、そのときの「のどケア」用として持って行くのも悪くはないと思っていますね。

ちなみに、このパッケージのデザインを担当したのは、エリン・ヒートンというグラフィック・デザイナーの方。

erinheaton.com

音符を使ったユニークなデザインで有名らしく、音楽や喉を使う職業に携わる人のために作られたキャンディのパッケージデザインとしては、これ以上ないくらいの人選といえますね。

 

 

確かに全部の線が音符だ!

 

 

 

ということで、のど飴レビュー

 

さっそく袋を開けてみましょう。

最初に鼻についたのは、なちぐろみたいな濃い香り。

 

 

配合成分を見ると、「那智黒」(なちぐろ)らしいものは入ってないようですが・・

 

 

代わりにハーブエキス、プロポリス抽出物、果実エキス、オリーブ葉抽出物などが入っていて、いかにも喉に良さそうな雰囲気をムンムンと醸し出しています。

 

 

でも色はちょっと那智黒はいってますね。

那智黒総本舗 黒あめ 那智黒 120g×10袋

口の中に入れると、爽快なメントール系の味わいが!
しかし同時にニッキのような独特の風味が合わさって、凡百のメントール系のど飴とはは一線を画している独特な味わいを醸し出していますよ。

 


ちょっとだけ龍角散のど飴に似てるかなと思いましたが、漢方薬系の癖のある風味は感じられないので、すごく舐めやすいし、美味しいです。

マイルドで、すっきりしていて、喉や口の粘膜にきく感じがしますね。
普通ののど飴と少し味わいが違うなと感じた風味は、たぶんオリーブとプロポリスの抽出物にあるのかもしれない。
今まで味わったことのない、さわやかで独特の風味です。

 

 

 

まとめ

 

甘さもあり、疲れてるときに舐めたら、癒されそうな気がしますね。
シンプルに味わいだけの感想をいうと「美味しい」の一言。
どの成分がそう感じさせてるのかは正直分かりませんが、とにかく独特の風味で、自分の好みですよ。

龍角散のど飴に「もう一歩!感」を覚える人は、ハマること確実ですわ。
ハーブの香りが爽やかで、喉にきく感じがするので、 ボーカリストやコーラス担当のミュージシャンは、ぜひぜひお試しあれ! 

 

おススメ記事

ガンズ・アンド・ローゼズの来日公演チケットを申し込みました(Guns N' Roses Japan live pre-ticket info)

コンサート中の撮影にイラつくミュージシャンたち(Musicians fedding up with selfie!)

ジョン・バトラーの使っているギターはやはりメイド・イン・オーストラリア!(John Butler plays by Maton's guitar!)