洋楽い~じ~らいど

洋楽、邦楽、映画、本、デジタル関係、ガンズ・アンド・ローゼズ、スターウォーズなどのレビューを取り扱っております。 Music, movie, book, toys, degital device, Guns and Roses and StarWars.

スポンサーリンク


ガンズ来日記念特集、最終回!パワーバラードの名曲「ノーベンバー・レイン」(November Rain/ Guns N' Roses)

スポンサーリンク


 

スタジオアルバム3作目の「use your illusion1」(1991)からのシングルカット。(シングルリリースは1992年)

ビルボードチャートで全米3位にランクインされた、ガンズの曲中、最長のパワーバラードだ。

実はこの曲は、昔はそれほど好きではなかったのだが、年明けにある来日ライブのために改めてアルバムを聴き直していると、意外に心に染み入ってくることに驚いた。

バラードなら「スイート・チャイルド・オブ・マイン」が最も好きだったんだけど、この20年で自分の中の感性がずいぶん変わったんだなと。

昔は「長ったらしい、ジメジメした歌だな」と忌避してたのだが、今はアクセルの情感のこもったボーカルスラッシュのエモーショナルなギターソロなど、曲の随所随所にドラマティックな感動を覚えてしまって、昔からのファンからは「今さらかよ!」と呆れられること確実の「ノーベンバーレイン信者」になりつつあるここ数カ月なのである。

昔のライブバージョンでは、アクセルが序盤のピアノソロを引き上げた後に、小さな声で「ディジー」とキーボードの演奏を促す部分が好きなのだ。

 

youtu.be

 

<歌詞の超要約>

永遠に続くものなどありはしない

人の心なんて変わりやすいものなんだ

君の瞳の奥に見える恐れ

それは俺だって同じさ

たとえ傷ついたとしても、愛が終わってしまったとしても

時がそれを癒してくれる

11月の冷たい雨も、いつか止む時がくるように

 

曲の歴史とミュージックビデオ

 


元LAガンズのトレージーガンズによると、アクセルは1983年からこの曲作りを始めたという。(ウィキペディア英語版「November Rain 」より。以下、記事中のネタ元は同じ)

2006年のチャイニーズ・デモクラシーツアーのときにアクセルは、「かつてのバンドメンバー(当時のスラッシュとダフ)がシンフォニック・バラードをアルバムに入れることに反対していて、自分が説得して挿入したんだ」ということをステージ上で話していて、「ノーベンバーレイン」に代表されるような自身のバラードへの思いが、他のメンバーよりも強かったことを暗にほのめかしている。(というか明白だが)

同じことは「パラダイス・シティ」(1989)のときにも起こっていて、このときもアクセルがシンセサイザーを曲中に取り入れることに、イジーらが反対したともいわれていていて、まさにバンドメンバーとアクセルとの間には越えられない「バラードの溝」が存在していたともいえる。

音楽的相違・・・それはロックバンドを崩壊に導く魔法のキーワードなのである。

 

 

ミュージックビデオは、当時のアクセルの恋人であったステファニー・シーモアが実際に出演し、アクセルと結婚するというストーリーになっている。

約1億円もかけられて制作されたこのビデオは、金がかかったことが幸いしたのか(?)、当時のMTVビデオミュージックアワードで最優秀映画撮影技術賞を獲得し、さらに「史上、最も金のかかったミュージックビデオ」の一つとしても有名になったから、この当時のバンドの勢いが、いかにすごかったかがよく分かる。

曲のコンセプトは、アクセルが自身の友人であるデル・ジェームスの「without you」という短編小説からインスピレーションを得たもの。

「恋人の死を悲しむロックスター」という設定の小説で、これは実際にアクセルと彼の元恋人であったエリン・エヴァリーをモデルにしたという。

 

 

この元恋人との間に何があったのかは分からないが、アクセルは「ターミネーター2」のサウンドトラックである「ユー・クッビーマイン」の歌詞にも、このエリンのことを罵倒して書いたともいわれているほど、アクセルの中ではトラウマになった女性のようだ。

しかし「ゲット・イン・ザ・リング」といい、アクセルは自分を巡る不満を赤裸々に歌詞にぶつけるのが本当に好きだな(笑) 

 

 

まとめ

 

2016年11月の時点で(今じゃないか!)この曲は21世紀より前に作られたビデオとしてyoutubeで最も視聴されているらしい。

さらにガンズのビデオの中でも最も視聴されている曲でもあるとか。(6億9千万ビュー!)

いやあ、まったくすごいな、ガンズ人気は。

再結成してワールドツアーを開催してるってのもあるだろうけど、それにしてもこれだけ復活を望まれてたバンドというのも、ほかにはそうそうありはしないんじゃないだろうか?

ガンズ万歳!

オリジナルメンバー復活万歳!

ということで、ガンズ来日記念特集は、今回で終わりということにします。

えっ?

他にも名曲がたくさんあるだろう?

と、お思いの方。

もちろんそれも十分承知です。

というのもですね、あえてこの来日記念特集で取り上げなかったのも、すでに過去記事でアップしていたからなのですよ。(特集用に書き直すのが面倒なので・・・)

一応リンク先を以下に一覧として貼っておきますので、良ければご覧ください。 

ガンズのmyベストナンバー過去記事一覧(今日の記事を含む「来日記念特集」以外) 

アクセル・ローズの歌うデッド・フラワーズもなかなかいいものだ

ペイシェンス / ガンズ・アンド・ローゼズ& アクセル男前発言!

ブルースハーモニカが最高にクール!!ガンズ・アンドローゼズのバッド・オブセッション!

 ⇒ボブ・ディランの名曲をガンズ・アンド・ローゼズがカバー! 「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア 」

彼女を〇〇したかった?ガンズ・アンド・ローゼズのユーズ・トゥ・ラブ・ハー 

ターミネーターのサントラ!ユークッビーマイン / ガンズアンドローゼズ

ガンズアンドローゼズの悪魔を憐れむ歌!

ガンズ・アンド・ローゼズの名曲「パラダイス・シティ」はバンド崩壊の序章だった?!  

『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』はサントラに引っ張りだこのガンズナンバー! 

祝!ガンズアンドローゼズ『チャイニーズ・デモクラシー』発売記念!

I feel more getting emotional than I did in my teenage days when I relisten this tune for upcoming guns and roses japan tour. So emotional, so energetic. Ages mature man's mind.  

 

おススメ記事

ガンズ来日記念特集第6弾!変顔のアクセルが炸裂する「ガーデン・オブ・エデン」!(Garden of Eden / Guns N' Roses)

梅田オーパの『GUN'S SHOP』でガンズ・グッズを購入!(GN'R shop in Osaka visitting review!!)

ガンズ・アンド・ローゼズの来日公演チケットを申し込みました(Guns N' Roses Japan live pre-ticket info)