洋楽い~じ~らいど

洋楽、映画、本、ガンズ・アンド・ローゼズ、スターウォーズ、デジタル・デバイスレビューブログです Music, movie, book, toys, degital device, Guns and Roses and StarWars.

スポンサーリンク


スターウォーズ扇風機が意外と使える!カイロ・レンとストーム・トルーパー(Star Wars character candy fan)

スポンサーリンク


またまたやってしまいました!

スターォーズシリーズのキャラクターグッズを衝動買いするという、分別ある大人がやってはいけないことの一つを!

 

やってはならないことの一例

yougaku-youga.hateblo.jp 

それも何千円とか、一万円の世界ならまだ大人的に分からんでもないのですが(趣味の世界として)、今回はキャンディのおまけという思い切りキッズ対応なおもちゃに「おおおおおおおっ!」と目を引かれてしまったという悲劇がああああああああああっ!

 

from: candyrific.com

 

そうなんです。

よくあるバーの筒にお菓子が入ったキャラクターグッズの類なんです。

たまたま立ち寄った某雑貨店の軒先にこれが飾られていて「ん?」と見入ってしまったのが運の尽き。

なぜこれが気に入ったかというと、まず造形がリアルであること、質感が以外にしっかりしていること、そして何よりも扇風機がついているということにあるのですよ。 

yougaku-youga.hateblo.jp

 

これは重要ですよ、だってこれから夏なんだもの。

クールなスターウォーズの人形を手にもってフォースを感じながら「ファーッ」と風を浴びて目を閉じれば、もうそこにはダースベイダーの顔しか思い浮かびませんから(暗黒面に入っとるじゃないか!)

それから手に取って、ああでもない、こうでもないと色々試してみて「よし、買おう」と熟慮の末に決断した分別ある大人の表情で、そのままレジに向かいました。

しかも値段がね、かなり安かったっす。

一つ600円ちょっとでしたかね。

これなら二つで1200円だ。

ランチを一回我慢すれば十分お釣りがくる額だ。

と同時に、この安さがお子様対応のおもちゃをおっさんが嬉々として買おうという恥ずかしい構図を際立たせているのも事実でして。

仕方ないので、他の商品をいくつか揃えてレジに持って行きましたよ。

「お、甥っ子が喜ぶと思ってね」

誰ともなしにつぶやきながら、さりげなくレジのお姉さんをチラ見すると、心なしか「プププッ」と笑っているように見えました。(単に微笑んでいただけですが)

 

おのれ!バカにしおって!喰らえ!暗黒フォースをバリバリバリ!!

 

from: StarWars.com

 

と叫んで(心の中で)指先から電撃を放ちそうになりましたが(頭の中で)、それをすると完全にクレイジーでイージーでデンジャラスなおっさんとして未来永劫永遠に入店拒否されそうな危険もあったので、ここはすごすごとお金を払って笑顔で商品を受け取って帰路に尽きましたとさ。

そんなノリでね、購入したスターウォーズ扇風機を家でさっそく試してみたわけですよ。

 

ハンパではないフィギュアの作り込みに感動

 

手に取ってまず感じたのは、「このフィギュア、かなりリアルだよな」ということ。

もともと駄菓子のおまけ的なおもちゃであることを考えれば、その造形の精緻さはおもちゃの範疇をちょびっと(はるかに、というと言い過ぎですから)越えているとさえ思わせたそれぞれの完成度の高さなんですよ。

今回買ったおもちゃは、ハン・ソロとエリア姫の一人息子でダークサイドに転落した、フォース使いのカイロ・レンと、彼が属する新秩序組織「ファーストオーダー」の兵士ストームトルーパー。(店ではもう一つ、R2-d2の未来版のようなロボットがありましたが、そちらは見た目がしょぼかったのでスルーしました)

 

 

 

 

おもちゃの性質上、上半身しかないのですが、それがかえって制作時に焦点をしぼることができたのか、まさに玩具職人の腕の見せ所といったところですよ!

まあ実際には、あらかじめ作っておいた型に材料を流し込んで終わり程度のものなんでしょうけどね。3Dプリンターで個人で作れるレベルですし。

ただこれを600円ちょっとの子供の玩具で体現しているという、コスパの良さと、扇風機が付属でついているというところに妙な感動を覚えてしまったわけで。 

ではまずはカイロ・レンからいきましょう。

いかにも暗黒の戦士という雰囲気。

 

 

持っている剣も彼が得意とする十字剣ですね。

 

 

剣の部分はフォースで表現するのですから、正確にはダークセーバーというべきでしょうか?

 

 

フード付きのマントも序盤のミステリアスさをよく表現できています。

 

 

次にストームトルーパーです。

言わずと知れた暗黒面率いる軍団の兵士です。

 

 

これは前回レビューした「スペースオペラ」のフィギュアの「かわいい」イメージが強かったのもあってか、少しだけリアリティを増した造形に「大人やな」と感じたのも事実。

 

 

銃を構える姿も決まってますね。

 

 

とはいえ、先ほどは「思ったよりしっかりした造形」と書きましたが、よく見ると塗り込みが雑だったり、「ペンキ塗りたて」の壁のようなテカり感が残ってたりして、実はそこまで完成度が高くないのかなあという認識に落ち着いたといいますか。

 

 

たぶん、カイロ・レンの場合は全身が黒いので、カラーリングの妙といいますか、ボディの作り込みの悪い部分が目だたなくなるので「おおっ!」と感動できたのでしょう。

ストームトルーパーは白が基調ですから、悪い部分もくっきり見えるというもの。

まあとはいえ、600円少々のお菓子のおまけ的なおもちゃなのですから、その程度の乱雑さはなんてことはないのですよ。

 

 

要はちょっとリアル風で、ちゃんとキャラが立っていて、少々のことでは壊れなさそうな頑丈さがあって(これは意外にあります)、さらに

扇風機がついている

というところがポイントなのですよ

こんなおもちゃと一緒についてるなんて、それもハンディタイプでいつでもどこでも持ち運び自由で、「今日は暑いなー」と思ったら、たとえ満員電車の中でもこれを取り出して「ブゥーン」とできるんですから、これは心強い。

涼しくなるうえに、注目度120%ですから。

普段の生活で業務以外で人から注目されるなんてめったにない機会ですから、これはぜひとも熱い視線をゲットしてクールな気分に浸るべきなんですよ!

満員電車でブーーン!!

まあ僕はしませんがね。

注目されるのは、シャツを裏返しに着ているのに気づかなくて、一日中外を歩き回っていた時にさんざん味わいましたから、もうお腹いっぱいです。

そんな感じでね、扇風機の良さを少々ここでご紹介しましょう。

 

カイロ・レン扇風機

   

ブゥーン!

 

 

 

ストーム・トルーパー扇風機

 

 ブゥババババッ!

 

 

人形の作りがしっかりしてるので、少々粗い扱いをしてもバーの軸がぶれなさそうなのが良いです。

あとは扇風機の出力も意外と強いところですかね。

単なるおもちゃの付属程度に思ってましたが、実際につけてみるとなかなか使えそうなので、これはマジでデスクワークのときとか、パソコン作業をしてるときにブウンとできそうですよ。

しかも一度使ったらもう終わり的なタイプではなくて、乾電池で作動するタイプなので、電池が切れたらドライバーでバッテリーの蓋を開けて電池を入れれば、またすぐに使えるという便利さ。

 

 

ということは半永久的に羽が壊れるまで扇風機として利用できるということですね。

この両者が仲たがいして潰しあうということさえなければ・・・

 

カイロ・レン vs ストーム・トルーパー激突!!

 

カイロ・レン

「おうおう、なに見てんだコラァ!」

ストーム・トルーパー

「なんだよ!やんのかコラ!」

 

カイロ・レン

「あ~ん?切っちゃうぞ?テメー」

ストーム・トルーパー

「あんだよ、こっちは撃つぞ、テメー」

 

 

カイロ・レン

「危ねえだろ、銃こっちに向けんなよ」

ストーム・トルーパー

「や、やめろよ、テメー」

 

カイロ・レン

「といいつつ、目つぶし攻撃だよゴルァ!」

ストーム・トルーパー

「うわっ、しまった!」

 

カイロ・レン

「全力だよ!こちとら!」

ストーム・トルーパー

「ぎゃああっ!」

 

カイロ・レン

「本気出したら、こんなもんっす」

 

動画も!

 

youtu.be

 

 

最後に

 

如何でしたか?

自分的には安い子供用のおもちゃにしては意外に使えるなという印象を受けましたよ。

なにせ扇風機のパワーがいい。

羽が小さいので涼める範囲も限られますが、顔とか首とかパーツで涼しくなりたいときは、このハンディ扇風機で十分いけますね。

本来のおまけであるお菓子ですが、ラムネ風の見た目で、食べてみたらミニサイズのキャンディになってました。

 

 

 

 

 

 

甘かったですが、まずまず食べられたので、子供さんなら喜ばれると思います。

あとバー自体が、子供が使うには少し重さがあるように感じられたのと、作りがしっかりしてるので、手にもって振り回したりしてると、逆に人形でケガをしてしまう恐れがあります。なのでもしこれをお子さんに買ってあげる場合は、そのあたりを気を付けてあげてくださいね。

とはいえ、アマゾンで調べてみたら、このおもちゃは扱ってなかったので、実店舗で探すしかなさそうです。

ネット上で調べてみたところ、オリジナルを販売しているメーカーさんは海外(アメリカ)にあり、販売しているストアは紹介していても、直接通販で買えるという感じではなさそうなので、興味があったりアメリカに行かれたり、在住の方は、一度コンタクトをとってみることをお勧めします。

www.candyrific.com

日本だと、私が買った店はカルディコーヒーファームでして、この店は全国展開しているので、最寄りのお店を訪ねてみれば在庫があったり、なければ扱っている店舗を紹介したりしてくれるでしょうから、ぜひ一度お立ち寄りを。

カルディコーヒーファーム公式|コーヒーと輸入食品のワンダーショップ

あとはトイザラスなどの海外のおもちゃを扱うような店にいけば置いているかもしれませんね。

www.toysrus.co.jp

あとは今年の12月にエピソード8が公開されることが決定しているので、それに合わせて事前に様々なグッズ、お菓子を販売するを待つかですかね。

一応、アマゾンの「スターウォーズ」グッズの類似商品を張り付けておきますので、またそれらを参考に色々とチェックしてみてください。

so much fun to see what the each figure lookes like, and impress with getting powerful wind from the fan and all those are far more impressive than I've expected.

 

おすすめ記事

スターウォーズ「ローグ・ワン」は懐かしいキャラが勢ぞろい!(Review of Rogue One: A Star Wars Story)

待ちに待ったスターウォーズ最新作がついに!「スターウォーズ:フォースの覚醒」(Starwars the force awakens)

スターウォーズ「ジェダイの帰還」で涙した夜(Star wars: return of the jedi)

『スターウォーズ/エピソード3」それは調和の物語(Starwars: Revenge of the sith)