洋楽い~じ~らいど

動物好きブロガーによる洋楽·映画系レビューブログ。Review about music,movie,degital, and cute animals

スポンサーリンク


トラボルタ主演の復讐系ノワール・アクション「リベンジ・リスト」と「ジョン・ウィック:チャプター2」の紹介!(I am Wrath & John wick: chapter2)

スポンサーリンク



前回見に行った「スプリット」が始まる前の予告編で見たときから「これは面白そうだ」!と期待していたのが、この作品。

gaga.ne.jp

といっても、地元での公開は今週末からだから、実はまだ未鑑賞なんですがね^^;

今回は軽く紹介する感じで取り上げていきたいと思います。

  

トラボルタが復讐の鬼と化す!(らしい!)

 

from gaga

 

未鑑賞なので(らしい)とつけてみました(笑)

とはいっても、予告編だけで明らかに「ジョン・ウィック」を意識した復讐劇であるのはすぐに分かりますから、たぶんこの表現は間違ってないでしょう。

「絶対に怒らせてはいけない男を怒らせてしまった愚か者どもに復讐の宴を」

ストーリーはこんな感じです。

 

目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男(トラボルタ)。

容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。(ここはイコライザーっぽい)

理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。(ここはジョン・ウィック)

善良な市民として暮らす男は、かつて数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。(イコライザーですな)

やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、男の怒りは臨界点を突破する―。(ここはセガール映画のノリ)

映画「リベンジ・リスト」公式サイト-GAGAより(一部加筆しました)

 

上の紹介文に付け加えた一言で、映画の雰囲気のおよそはもうすでに掴めた気になっております。

予告を見ても明らかにジョン・ウィックのノリが影響してるっぽいですから、基本は元ダークサイドの人間による復讐劇なのでしょうが、ラストの陰謀がきたあたりで、往年のスティーブン・セガール映画の政治絡みの陰謀エンドが想像できてしまいますね。

いや、こいういうのはすごく好きなんですよ。

ジョン・ウィックでもイコライザーでも、元凄腕の〇〇屋が怒りを呼び覚まして再び!的なノリは、いつでもどこでもOK!なんで。

描写的には、自宅の地下室か密閉された部屋の壁を叩き壊して、中から商売道具を取り出すあたりは完全にジョン・ウィックだし、復讐していくアクションもジョン・ウィック。

そういえば、ジョン・ウィックも長らくアクション映画でご無沙汰してたキアヌ・リーブスを起用して当たってましたし、今作もアクションがご無沙汰っぽいトラボルタの復活劇になるんですかね?

どちらにしても、この映画は必ず観に行きますよ。

ついでに来月公開になるジョン・ウィック2も見に行く予定だから、こりゃあ、復讐漬けの激熱い夏になりそうだ!

*映画を配給しているギャガの公式動画なんですが、なぜか予告動画の日本語の吹き替えが各地方の方言になっているという(笑)

ノリがいまいちよく分かりませんが、方言が好きな人は一度チェックしてみても良いかもですね^^

 

youtu.be

 

本家「ジョン・ウィック」の続編はどんな感じ?

 

 

そして本家本元「復讐ノワール」の「ジョン・ウィック」です。

先ほども紹介した通り、日本公開は7月7日の予定。

こんな血なまぐさい映画の公開を七夕の日に選ぶという配給会社のセンスは正直疑いますが(笑)、映画自体は面白そうなので、かなり期待大です。

前作でさんざんぱら人間離れした銃撃&格闘シーンを展開したキアヌーですが、続編でもその威力がいかんなく発揮してるとのうわさもちらほら。

il0vem0vie.com

こちらのサイトによると、アクションはハンパなく際立っているのだとか!

しかも柔道や合気道がふんだんに取り入れられているということなので、合気道経験者としては嬉しい限りですね!

さらにマニアックになりますが、アクションも銃撃などの派手なものから、ナイフやペンが使われるようで、「イコライザー」的なプロのテクニックが見れることを期待!

セガール映画でリアル系アクションに親しんできた自分的には、最近のハリウッドのアクションがリアル系に移行しているのは、妙に嬉しくて妙に見甲斐がありすぎですよ^^

出演者にローレンス・フィッシュバーンが出ているということで、キアヌとはマトリックス以来の共演ということになるのですかね?

 

 

地下組織のボス役で存在感のある演技を見せてくれそうです!

 


映画『ジョン・ウィック:チャプター2』予告

 

まとめ

 

こんな感じで、両方の復讐系作品を軽く紹介させてもらいました。

どちらも実力派の俳優が本気を出して取り組んだだけあって、予告編やメイキングを見ていると、かなり熱い男の映画になっているという感触はありますね。

本編は果たして如何に?

今週末から来月初めはかなり刺激的な映画ウィークになりそうですよ!

*どちらも鑑賞しました!

 

yougaku-youga.hateblo.jp

yougaku-youga.hateblo.jp

Watching the trailers of two movies as I am Wrath and John wick: chapter2, I hava an impression that they gives us so exciting action scenes ever made recently. I like revenge kind of things, furhtermore, these two actors seems perfectly suited the role. Can't wait to watch the films!

 

おすすめ記事  

犬好きは絶対に見るな!キアヌ・リーブスの『ジョン・ウィック』!!(John Wick/Keanu Reeves)

デンゼル・ワシントン版・必殺仕事人ぶりにシビれる!『イコライザー』(Denzel's equalizer )

さいとう・たかを先生のハードボイルド「ゴルゴ流血液型人物観察術」と高倉健ゴルゴそして千葉真一ゴルゴも!(Golgo13's blood type psychology)