洋楽い~じ~らいど

80年代洋楽や映画、書籍、デジタルデバイス、音楽・映画グッズ、おもちゃのレビューを書いています。Review about music,movie,degital device, and toys

スポンサーリンク


【洋楽イヤホン】新しく買い替えたJVCのカナル型イヤホンを紹介します(new earphones review)

スポンサーリンク



久しぶりのオーディオディバイス・レビューです。

普段使っているソニーのウォークマン用に新しく買い替えました。

いつものように前回のイヤホンが破損した代わりというやつです。

お気に入りの洋楽を聞いていたら、あららという感じで・・

話は少し変わりますが、最近はその肝心の中身の洋楽のレビューもご無沙汰で、そろそろ本来の立ち位置に回帰しないといけないなとも思うのですが、仕事やプライベートで忙しかったり、他に書いてるブログの更新もあるものですから、なかなか難しいですね。

最近も映画を立て続けに6本観に行って(エイリアンコヴェナント、ダンケルク、関ケ原、僕のワンダフルライフ、ギミー・デンジャー、ブレードランナー2049)、それのレビューも待機してますので、年末までに書ききれるかどうか・・・

ともあれ、この洋楽ブログも最初に始めてから、ずいぶん経ちました。

2005年に旅行ブログから始めた初期のライブドア時代、洋楽映画レビューに特化し始めた中期のココログやソネット時代、このはてなに引っ越してきた一年半の、足掛け12年あまり・・・

それに比して記事数は400を越える程度という(ブログ移転時にクラッシュしたり削除したものを入れると1000ぐらいです)十年の時を経たにしては、恐るべき超スローペースながら、なんとかここまで辞めることなくダラダラと続けてきた理由は特にありません。

こんなことではいけない!

そろそろ新しい境地を、もっと自分の壁を越えた、新たなる創造の泉を湧かせないと!

そんなことをあれこれに思いをはせつつ、昨日も仕事帰りに歩きながらウォークマンを聞いていたらですな・・

 

ブツッ!

 

と音を立てて、それまで聞いていたジャック・ジョンソンのニューアルバムの曲の途中で片方のイヤホンが聞こえなくなってしまったのですよ。

ん?と思ってウォークマンを入れているポケットをまさぐってみると、そこにあるはずの本体がなく、ポケットからはみ出て宙ぶらりん状態に。

急いで本体を持ち上げてイヤホンのラインをあれこれ触りますが、依然音は片方途切れたまま。

(またか・・)と少々うんざりしながら、ウォークマン本体をしげしげと眺めました。

ご存じのとおり、私はこういうディバイスの扱いが非常に粗雑で、ちょっとでも引っかかったり、動かしにくい位置にあると「えいやっ」とばかりに力任せに移動させたり引っ張ったりして、これまでに何度も破壊と混乱をディバスの世界にもたらしてきた経緯があるのです。

パイオニア「カナル型・密閉型イヤホン」使用レビュー(Pioneer earphone review)

そして今回。

前の買い替えから半年もたたないうちのインシデント。

もうこれはダメだな・・そう思いながら、静かに本体の電源をオフにして、かばんに収めて帰宅すると、改めてダメになったイヤホンをしげしげと眺めました。

今まで何度も乱暴に扱いながらも、その都度奇跡的にカムバックして、持ち主ことディバイス暴君な私の期待に応えて健気に頑張ってきたパイオニアSE-CL532-L。

ありがとう。そして本当に今までご苦労さん。

私は今までの思い出を懐かしむようにして、まだ見た目は元気だろうけど、おそらく防護カバーの内部で断線しているだろう左側のラインを静かに手にもって、なでなでと擦り、永遠の別れを告げるべく、そっと両手で引きちぎって差しあげました。

 「ブチッ」

鈍い音をたてて静かに床に沈んでいくSE-CL532-L。

(これで何の悔いもなく次のイヤホンを買い替えることができるぜふふふ)

無残に引きちぎられたイヤホンを目の前にしながら、私は悪魔のような笑みを浮かべて口から出た涎をげへへと拭いていました。

ああなんて恐ろしい男なのだアンタという人間はっ!

その冷たすぎるデーモンのようなおでことテカテカに光った北国の田舎の子供のようなほっぺたが憎すぎる!

そんな絶叫が眼下のイヤホンから聞こえてきたような気がしましたが、、むろんそんなたわ言は聞くに値しません。 

光陰矢の如し。

時は金なりなのです。

過ぎ去った時は二度と帰ってきません。

私はさっさと次世代の若きイヤホンを注文すべく、手元のアマゾンファイアの電源を起動させて新たなる世界のパスワードを入力し始めたのでした。

 

イヤホンレビューのスタートです

 

と長すぎる前置きを終えたところで、さっそくイヤホンのレビューをいきましょう。

ちなみに勢いに任せて引きちぎってしまったイヤホンはこちらです。

 

 

まったく恐ろしい所業です。

一目見たらまるで猛獣が食いちぎった如くの無残な亡骸です。

しかしこれは不可抗力なのですよ?

なにせすでに片方のラインがこと切れていたのですから。

永遠に幸あれ、パイオニアSE-CL532-Lよ。

というわけで、次に注文して今日届いたのがこちら。

 

 

byヤマト運輸さんです。

もちろん中身は新品のソニー製カナル型イヤホン。

前回同様、いついかなるタイミングで私の暴挙が炸裂するかもしれないので(コードがからんだり、巻き付いて耳を引っ張ったりしたときに「ふんっ!」と引きちぎる等)、携帯外出用のイヤホンに限っては安価なものを選ぶようにしています。

とはいえ、あまりに安価なものだと品質に問題が出てくるので、そのへんはアマゾンレビューを眺めながら慎重に選びました。それで購入したのがこの商品。

 

 


「JVC HA-FX26-B カナル型イヤホン ブラック」です。

安定信頼高品質の良心的オーディオメーカーJVCの製品ですから、これはもう安心して自分の鼓膜と耳を任せることができます。

では実物を拝見しましょう。

 

 

 

いい感じです。

気に入ったのは、ラインが以前のものと比べて太いところ。

これは素晴らしいです。

これくらい線が太いと、少々アクティブに動いても安心して音を任せることができますから。

 どれくらい太いかというと、前に使っていたイヤホンと比べてみると、

 

 

その違いが一目瞭然に分かります。(青が以前のもの)

もうこの線の太さですべてが許せるような気がしてきましたが、もちろんそのほかの機能も要チェックです。

 

 

二股に分かれた線を取り仕切る現場の親方的存在のストッパー。

まあこれくらいの機能は、たいていのイヤホンにはついているものなので、そこは普通に「Oh great!」ぐらいで納めておきましょう。

 そして肝心の音。

これがまたなかなか良いのですよ。

高音域と低音域がバランスよく出力されていて、音に隔たりがなく、サウンドが耳にフィットする感じですごく心地よい。

洋楽だけでなく落語も時々聞いたりしちゃったりするのですけど、そういうときでも擬音とか師匠の小さな声も漏らさず伝えてくれるので、これはかなり出来が良いイヤホンだと感じましたね。

レビューの良さで購入したので、もちろん製品の出来栄えが良いのは必要最低限の条件だったのですが、これだけの音質でしかもラインが太くて壊れにくいときたら、この価格だとかなりのハイパーパフォーマンスなのでは?(1400円少々です)

久しぶりに長く付き合えそうなアクティブ用のイヤホンに出会ったな、という感じですね。

では以下に商品写真と商品説明を記しておきましょう。(ウォークマン本体は別物です)

 

 

商品説明

・ボディーもコードもフルカラーリングの全10色

・音漏れ低減2重構造ボディで迫力とクリアサウンドを実現

・高磁力ネオジウムドライバーユニットを搭載

・音漏れを低減する2重構造ボディ

・丈夫でからみにくい2mm径のコードを採用

・好み合わせて選べる10カラーバリエーション

・選べる4サイズ(XS,S,M,L)のシリコンイヤーピース付属

・オーディオプレイヤー等との接続に便利な1.2mY型コード

・コードの長さを調節できるコードキーパー付属

Amazonより

 

まとめ

 

洋楽用のイヤホンはこれまで何度となく買い替えてきましたが、価格と使い勝手は全く比例しないものだなというのが実感というところ。

ヘッドフォンにしてもイヤホンにしても、使う場所と状況がパフォーマンスの良し悪しを決定づけるところがありますし、ましてや私のように雑に扱う傾向のあるユーザーだと、性能は良くても繊細な造りのものは逆にコストパフォーマンスが悪くなってしまうので、その時々のシチュエーションや持つ人の性格などを見極めたうえで購入するのが大切なのでしょう。

これまで何度か万単位のイヤホンを購入して使ったことがあったのですが、それとて音は良いものの、耳にくるフィット感がいまいちということがあったりで、自分との相性というのが選ぶ際にかなりのウェイトを占めてくると思います。

体に身につけるアクセサリ系ディバイスの使いよさは、その時々の自分の体質や感覚によって変化してくるので、なかなか一つの「これ!」という決定版を見つけることが難しい。

そんな意味では、今回のJVC HA-FX26-Bは、低価格に関わらず、フィット感や音の行き渡り感が非常に自分の耳にあっていて、これはここ数年にない良い買い物をしたなという気になりました。

これで少なくとも半年は色々な音を楽しめると思いますが、不覚にも「えいやっ!」と引きちぎってしまった場合は、また懲りずに新しいものをレビューするつもりです(苦笑)

JVC HA-FX26-B is one of the best high cost performance earphones I've ever had these past 10years.

 

おすすめ記事

JBLのBluetoothスピーカー「PULSE3」が登場!海でもプールでも使えるアウトドアな優れものみたい!【IPX7防水】

SONY ウォークマンEシリーズの使用レビュー!(Sony walkman NW-E083)

洋楽を聞くならこのイヤホンブランド!(6 Top earphone brands)